古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ: 三重県

  三重県の古墳というと舟形埴輪が発掘された松阪市の宝塚古墳(いずれアップ)が思い出されますが、壬申の乱で大海人皇子が吉野を出て榛原(三陵墓古墳の最寄駅)、名張を通り伊勢に入ったといわれるこの地の古墳時代はヤマト王権とも密接な関係をもつ豪族がいたようで、いくつもの古墳が造られています。今回の美旗古墳群で最大規模の馬塚古墳はその一つです。美旗駅の目の前に墳長142mの堂々たる前方後円墳の姿が広がります。かなりの幅をとる周堀が巡っているだけに、実際の墳丘規模よりも大きく見えます。

 墳丘に登る前に周堀を半周して印象は、前方部端の幅が広い(長い)ということでした。100mもあります。後円部径よりも大きいのです。裾が大きく広がった中期古墳の特徴をもっていることがわかります。ところが、前方部の長さは後円部径の半分強しかありません。帆立貝型(618日アップの東京、野毛大塚古墳)ほどではないにせよ、前方部は短い、しかし幅は広いのです。これはYahooの空撮画像でもはっきりと確認できます。動画撮影の位置を示す概略図をご覧ください。馬塚古墳。美しい墳丘に加え、整備もきちんとされているのに一部の人々にしか知られていないのは残念です。

 後日そのいくつかを紹介しようと思っていますが、馬塚以外にも美旗古墳群には殿塚古墳(5C初)、毘沙門塚(5C央)、女良塚(5C後)、貴人塚(6C初)が駅から4-5k県内に位置しています。もっとも、墳丘がきちんと遠目にも確認できるのは馬塚と広々とした田畑に囲まれた貴人塚だけです。前方後円墳を模した美旗市民センター(駅から徒歩15分)には女良塚古墳出土の家形埴輪が展示されています。

 アクセスは、つい最近紹介した奈良県の三陵墓古墳と同様、近鉄大阪線(賢島方面行)に乗り、名張から二つ目の美旗駅下車。駅から北東方向に歩いてすぐになります(撮影2015年10月12日)。

PNG umazuka(mihata) zu

馬塚古墳基本データ

所在地 名張市美旗町中1

形状 前方後円墳

規模 墳長142m、後円部径98m 高さ14m、前方部幅100m 高さ 6m

築造時期 5C

出土品 土器、人物、馬形、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 後円部径、前方部幅に比して前方部そのものの長さは50m
満たずやや短い。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は1024日にアップした馬塚古墳と同じ美旗古墳群に属する毘沙門塚古墳を紹介します。馬塚古墳から北方向に1kmほどいったところにある墳長65mの前方後円墳です。築造時期は毘沙門塚のほうが古いと推定されています。墳丘は動画でおわかりのように馬塚とは違い雑木林に竹林が混ざり合った雑然とした状況です。ただ、動画でどこまで撮れたかはわかりませんが、よく見ると墳丘が造り出しを含めよく残っています。それにしても馬塚と同様、後円部の盗掘坑の跡には驚かされます。抉り取られ石室の天井板と思われる石が散乱しています。残念ながらブログ掲載の時点では後円部、前方部の高さはわかっていません。墳長以外は、史跡 美旗古墳群のパンフレットにも記載されておらず、やむを得ず、データには後円部径と前方部幅は掲載されている測量図をもとに試算した数字をあげました。しかし、後円部から前方部に下ってみると結構な高低差があった気がします。

 地元の方々にもあまり馴染みがないようで古墳を取り巻く周濠脇で農作業をしていたお爺ちゃんも、子供の頃に後円部に登ったことがあるだけだと言っていました。それにしても動画1に映っているように太陽光発電所のパネルが古墳の東側に接近して広がっている光景は不思議の一語でした。古代のモニュメントと現代の最先端技術が混在しているわけです。この地を治めた伊賀氏が被葬者として想定されているようですが、さぞかし驚いているのではないでしょうか。

 アクセスは近鉄大阪線美旗駅から57号線を北上し美旗小学校を越えた一つ目を左折すると近鉄の高架が見えます(動画1)、それを越えた正面が古墳です。徒歩で20分(撮影日2015年10月12日)。

PNG bisyamonzuka zu

毘沙門塚古墳データ

所在地 三重県名張市美旗町

形状 前方後円墳

規模 墳長 65m、後円部径42m(推定) 高さ不明、前方部幅35m(推定)、高さ不明

3段築成、6m幅の周濠

出土品 円筒埴輪、木製の長さ176㎝ 厚さ8㎝の板

史跡指定 美旗古墳群として国指定

特記事項 なし

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する後期古墳は三重県名張市の貴人塚古墳です。同じ美旗古墳群では20151024日に馬塚古墳、1113日には毘沙門塚古墳と5C央、5C後半築造の中期古墳を紹介していますが、それに続く古墳になります。動画で見る通り田んぼのど真ん中にぽつりと残る墳丘は遠目にも目立ちます。墳長55mと決して大きいとはいえませんが、周辺に遮るものがないためかもしれません。目に入った墳丘は枯草を燃やした直後だったために焼き畑のオブジェのようでなんとも形容しがたい姿でした。新緑の季節にでも再訪する必要がありそうです。

 動画のキャプションでも触れていますが貴人塚古墳の前方部は後円部径と同じ35m、高さも同じ4.5mと発達しています。中期古墳の特徴をそのまま残した後期の古墳ということになります。3km四方の美旗盆地に点在する古墳群は全国古墳編年集成(石野博信編、1995、雄山閣出版)によれば、墳丘形状の変化から殿塚、女良塚(じょろうづか)、毘沙門塚、馬塚、貴人塚の順で築かれたと考えられているようです。残念ながら5C初頭に造られた殿塚、5C前半の女良塚は動画で紹介できるものが撮れていません。伊賀地方を支配した伊賀氏、名張氏の古墳ともいわれる古墳群の残りはいずれの機会に譲ることにしましょう。

 貴人塚古墳は、近鉄大阪線(賢島方面行)に乗り、名張から二つ目の美旗駅下車し、駅から南東方向に500mほどのところにあります。美旗古墳群全体を歩くことを前提に美旗駅近くの美旗市民センターに寄り(美旗町南西原)古墳散策の地図をもらうことがよいと思います。近鉄大阪線に並行する道路を名張方面に戻り一つ目の信号を右折し(大阪線のガードをくぐる)300mほど直進すると前方後円墳型の美旗市民センターがみえます。徒歩15分(撮影2015年10月12日)。


PNG kijinzuka zu

貴人塚(美旗古墳群)基本データ

所在地 三重県名張市下小波田

形状 前方後円墳

規模 墳長55m、後円部径35m 高さ4.5m、前方部幅35m 高さ4.5m
築造時期 6C前半
出土品 円筒埴輪、須恵器

史跡指定 美旗古墳群として国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回はようやく準備が整った三重県松阪市にある中期古墳の100m級の前方後円墳、宝塚1号墳です。というのも動画4にある形象埴輪が周囲を囲む造り出しが見応えがありますし、下からしかも遠くから墳丘を眺めることのできる点でも貴重なのです。ところが、一度目の訪問時は草茫々で残念な結果に。今回、漸く気に入った映像を撮ることができました。キャプションにも入れましたが全国最大全長140mの船形埴輪が発掘されたことでも有名です。普段は松阪市文化財センターはにわ館に展示されています。私はたまたま、高槻市の今城塚古墳を訪ねた際に、「古墳時代の船と水運の特別展」が開催されていたので、その巨大な埴輪を目の当たりにしました。とにかく大きいです。はにわ館のHPによれば、「船上に立体的な飾り物を樹立する形としては唯一のものです。この船は、古墳に葬られた人物の生前の業績をあらわしているという考えと、魂をあの世に運ぶ「葬送船」であるという考えがあります」だそうです。被葬者と船形はにわがどのような関係にあるのか興味はつきません。

 中期になり増加する後円部と前方部の間に位置する造り出しですが上田宏範さんの研究によれば墳丘両側、片側、またその位置などでさまざまに分類できるようです(増補新版前方後円墳、学生社、1996)。ずいぶん数多くの造り出しつき古墳をアップしていますが、宝塚古墳のように復元されていると当時を想像しやすいですね。

肝心の墳丘ですが中期の古墳に特有である前方部の発達がみられます。前方部の幅は後円部径に近く、端にいくにしたがって高くなっています。埋葬施設は未発掘ですが後円部墳頂に粘土郭と思われる反応がレーザー探査で確認されていると松阪市文化財担当の方の説明でした。1号墳はいずれ紹介する2号墳と極め接近して造られています。

 アクセスは松阪駅前から鈴の音バス 松阪市循環 右回りに20分ほど乗り古墳公園前で下車、進行方向に進むと左側に墳丘がみえます。ただ循環バスは1時間に1本ほです。ご注意ください(撮影2016年2月23日)。

PNG takarazuka 1gou zu


宝塚1号墳基本データ

所在地 三重県松阪市宝塚

形状 前方後円墳

規模 墳長111m、後円部径75m 高さ10m、前方部幅66m 高さ7m

築造時期5C

出土品 船形、円筒、壷、蓋(きぬがさ)、盾、短甲等各種埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 全長140㎝の船形埴輪は全国で最大(276点の埴輪が重要文化財)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ