古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 愛知県

復元されたとはいえ見事な石室

 庄内川を挟んで南には東谷山のふもとに広がる志段味古墳群があり既に志段味大塚古墳(クリックすれば飛べます)、白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)などを紹介してきました。現在の行政区分では今回の高蔵寺3号墳は春日井市、志段味古墳群は名古屋市になりますが、当時も川を挟んだ両地域はそれぞれ異なるリーダーをもつ別々の領域だったのでしょうか。

高蔵寺古墳群はかつて6基の古墳からなっていたようですが現在では今回の3号墳と半壊状態の5号墳が残るのみです。3号墳から西に1㎞ほど行ったところには墳丘が石で覆われた大留荒子古墳がありますが(クリックすれば飛べます)、両古墳群は独立していたようです。。7Cの初頭、地域の首長やその配下の有力者がこぞって円墳を築くようになり、今回の古墳もその一基と考えられます。1974年に発掘調査されそのまま復元保存されたと説明板にあります。玄室は側壁中央辺りが左右に広がる胴張を採用していることが鉄格子越しにもわかります。神奈川県川崎市の加瀬台3号墳(クリックすれば飛べます)が時期は下りますが同様の胴張式の玄室です。是非比較してご覧ください。高蔵寺3号墳の玄室は奥行2.8mと石室全体の長さに比べ結構大きく立派です。キャプションでは遠目にみる奥壁は1枚板ではないか?と書いたのですがどうやら中ぐらいの複数の石を積み塗り固めたようにもみえます。出土品は瓶、広口の壺とごくわずかだったようです。アクセスはわかりやすいです。名古屋から40分ほどJR中央本線高蔵寺駅南口出て庄内川に向かって南下します。二つ目の信号、高蔵寺駅南を越え一つ目を左折して500mほど行った右側です(高蔵寺町6丁目2-12)。(撮影20171212日)。

 




PNG  kouzouji3goufun to shidamikofungun kannkeizu
PNG kouzouji3goufun sekishitu zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳時代後期ではずば抜けて大きな前方後円墳

名古屋市営地下鉄名城線西高蔵駅で降りると激しく車が行き来する国道19号線に出ます。南東方向に100mほど歩くと野球場がある熱田神宮公園があり今回の墳長151mの断夫山古墳は公園南端に眠っています。海抜10mほど。調べてみると古墳時代は海岸線がすぐ近くまできていたようです。鹿児島志布志湾沿いに築かれた横瀬古墳を思い出しました。それにしても全国を見渡してもこの規模の巨大前方後円墳は6C初から前半期には殆ど築かれていません。前方後円墳としては最後の大王墓といわれる五条野丸山古墳318m)を除けば、大阪府高槻市の真の継体天皇陵といわれる今城塚古墳(墳長190m)、福岡県八女市の岩戸山古墳(墳長131m)、群馬県藤岡市の七興山古墳145m)があるだけです。古墳時代には前方後円墳の規模が被葬者の力の大きさを示すことを考えれば尾張地域では飛び切りの有力者だったということでしょう。

歴史的にはこの尾張は王権と密接な関係がある極めて重要な地だったといわれています。尾張連草香(おわりのむらじくさか)の娘目子媛(めのこひめ)が継体天皇の后(安閑・宣化天皇の母)だったからです。断夫山古墳の被葬者は尾張連草香に関連する人物であったという解釈が説得力を持ってきます。また考古学者若狭徹さんは「前方後円墳と東国社会」(吉川弘文館、2018年)の中で、「藤岡市の七興山古墳は古墳時代後期においては東日本最大の前方後円墳であり、愛知県名古屋市の断夫山古墳とツートップの位置を占める。しかも、両古墳の平面測量図を重ねるとほぼ一対一の相似墳形となるのである」と興味深い事実を明らかにしています。ここでは深入りしませんが七興山古墳の墳形は当該地域で採用されてきた墳形規格とは違い真の継体天皇陵と言われる今城塚古墳と類似していることから断夫山古墳、七興山古墳、今城塚古墳の三古墳が6C前半期の倭の主要古墳として密接な関わりが想定されてくるとも記しています。

現在の墳丘は裾部が石垣で補強され微妙な感じですが後円部径よりもはるかに幅の広い前方部をもつ典型的な後期古墳であることが一周すればよくわかります。その前方部の南東端が削られていますがそれ以外は残りはよいというのが専門家の見方です。しかし全体は多くの前方後円墳同様、緑に覆われ見通しはきかないので三段築成ということはよくわかりません。円筒埴輪が巡り川原石で覆われていたようです。墳丘西側 くびれ部分に須恵器が多数出土した造出しがある一方、周濠は築造当時よりも幅を狭くした形で復元整備されています(撮影2017314日)。動画撮影位置は2月までお待ちください。


断夫山古墳基本データ

所在地 愛知県名古屋市

形状 前方後円墳

墳長 151、後円部径80m 高さ13m、前方部幅116m 高さ16m

三段築成、葺石あり、周濠あり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 熱田神宮は本古墳を「陀武夫御墓」と呼び日本武尊妃の宮簀媛命(みやずひめのみこと)の墓としている。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

喧騒のなかに眠る残りの良い前方後方墳

名古屋からJR中央本線で30分ほど。神領駅から南に15分ほど歩くと堀の内町表の信号が見えます。目指す古墳はこの角にあります。ひっきりなしに大型車両が行きかう県道75号線のすぐ横にこれほど残りのよい前方後方墳が眠っているとは。感激です。しかも動画1にみるように北側からは墳丘全体をとらえることができます。墳長は63mと大型というわけではありませんが後方部と前方部の比高差がかなり(2.5m)あるためでしょうか。なかなかに堂々とした墳丘です。

現地説明板によれば川原石が葺かれた後方部は3段、前方部は2段に造られ壺形埴輪がぐるっと並んでいたそうです。動画3の後半にみるように墳丘周囲には周濠が巡っています。それを加えると結構な規模の古墳といえましょう。埋葬施設は後方部に竪穴式石槨が確認されているものの副葬品は不明で、鏡や剣が副葬されていたはずと説明板にはあります。訪れてはいませんが小牧市小木の宇都宮神社古墳も前方後方墳で同一設計ではないかとの指摘もあります。墳長59mのこの古墳からは三角縁獣文帯三神三獣鏡が出土しています(撮影20121212日)。PNG takamidoukofun zu kasugaishi


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

見応えのある周濠、周堤が残る古墳 



 今回の後期古墳は名古屋市で最も高い標高の東谷山(とうごくさん)及びその周辺に築かれた志段味古墳群から勝手塚古墳です。既にいくつか紹介した志段味古墳群の中では、志段味大塚古墳よりも後の6C初に築かれたと考えられています。中社、南社古墳が築かれた東谷山を背景に庄内川が流れ、古墳時代の人々が利用したであろう川沿いに古墳が点在しています。今回の勝手塚古墳は墳長53mの前方後円墳でも前方部が短い帆立貝式を採用、径41mの後円部に対して前方部幅は約20mに過ぎません。後円部テラスには円筒埴輪が並び、墳丘には葺石が置かれていました。キャプションでも触れましたが周濠と周堤が西側を中心によく残っています。勝手社の社殿が建っている後円部に立つと短い前方部が確認できます。後円部頂の社がなければさぞかし墳丘全体を観察できるのにと思う一方、神社がなければ破壊はこの程度で済まなかったと思われます。痛しかゆしですね。志段味古墳群は名古屋駅からも近く、しかも前期から終末期までのさまざまな古墳を訪ねることができるのでお勧めです。地図でもおわかりのようにそれぞれの古墳は近接しているので1日あればゆっくり見学できます。その場合、JR高蔵寺駅から庄内川を渡り、今回の勝手塚古墳、東西の大久手古墳(未アップ)、志段味大塚古墳白鳥塚古墳中社、南社古墳、尾張戸古墳神社(未アップ)、東谷山白鳥古墳の順でまわるのがよいでしょう(撮影2017117日)。PNG kattezuka douga zu
PNG shidamikofungun to kattezuka

勝手塚古墳(志段味古墳群)基本データ

所在地 愛知県名古屋市守山区

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長53m、後円部径41m 高さ7.6m、前方部幅約20m 高さ不明

2段築成、葺石あり、周濠、周堤あり

築造時期 6C初

埋葬施設 不明

史跡指定 志段味

出土品 円筒、人物、朝顔、きぬがさ埴輪

古墳群として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ