古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 愛知県

三角縁神獣鏡も出土した前期の前方後方墳
 今回、前期古墳として紹介するのは愛知県犬山市にある前方後方墳東之宮古墳です。墳長は72m70m以上のものは全国で34基しか確認されていないそうですから、トップクラスの大きさです。考古学者や古墳マニアの間では三角縁神獣鏡4面を含む銅鏡はじめ豊富な埋葬品が発掘されたことでよく知られた存在だそうです。

前回は静止画像しか撮らなかったための再訪でしたが、生憎の雨。しかも岐阜の野古墳群を見学した後だったので辺りは暗くなりかけの時間でした。それでも、長い成田山名古屋別院の階段を歩き、本堂裏手の新生大仏前の駐車場経由で山頂に着き、薄暮の中、静かに横たわる墳丘を確認できた時の思いは格別でした。動画1でどこまでその様子が伝わるかはわかりませんがご覧ください。

犬山市で生まれ育った考古学者赤塚次郎(NPO法人古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長)さんによれば古墳全体が盛土でできているそうです。これまで紹介してきた多くの古墳は地山の一部を利用していましたが、東之宮古墳はそうではないのです。標高143mの頂上のあの墳丘が人工の山だとは・・・。並大抵の労力が必要とされたことは容易に想像できますし、その動員力にも驚かされます。赤塚さんの説に従えばこの地は魏志倭人伝に登場し卑弥呼に反旗を翻した狗奴国の卑弥弓呼(ひみくこ)が支配し、東之宮古墳の被葬者はその末裔ではないかということになります(赤塚次郎、幻の王国・狗奴国を旅する(風媒社、2009年)。墳頂からの帰路はそうした壮大なロマンをかき立てるに十分な暗闇でした。

発掘調査が継続的に行われてきた東之宮古墳ですが史跡東之宮古墳現地説明会資料(201292930日)は竪穴式石槨の画像が多数含まれ見逃せません。ネットでアクセス可能です。また、発掘担当者のブログ東之宮古墳発掘調査作業日記も実に興味深いです。

アクセスは名鉄犬山線犬山遊園駅から徒歩で30分ほどです。駅から線路伝いに南に下り二つ目の踏切を左折し道なりに進むと成田山名古屋別院が左手にあります。本堂まで階段で上がり、左手の道を新生大仏方面にさらに登ります。大仏前の駐車場内に動画1の登山口が見えます(2015年11月18日)。



東之宮古墳基本データ

所在地 犬山市大字犬山字東古券

形状 前方後方墳

規模 墳長72m、後方部 48m×49m 高さ8m、前方部幅45m 高さ6m

築造時期 3C

出土品 銅鏡11面(内三角縁神獣鏡4面) 石釧 鍬形石 鉄製武器 字製鉄器

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後方部に2か所(内1か所は4.8m×0.8mの石槨)、前方部に
1か所





PNG higashinomiya zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

風格のある前期古墳白鳥塚古墳
 名古屋市の中心熱田神宮には愛知県で最大墳長を誇る151mの前方後円墳断夫山古墳があります。しかし6C後半の築造の後期古墳。前期古墳ではそこから北東方向に30㎞ほど行った標高198mの東谷山(とうごくさん)の麓に墳長115mの白鳥塚古墳があります。(犬山市に墳長123mの前期古墳青塚古墳があるので白鳥塚は県下では第二位の大きさ)。

 東谷山麓には数多くの古墳が築かれ、白鳥塚古墳はじめ山頂の尾張戸(おわりべ)神社古墳、中社古墳、南社古墳、志段味(しだみ)大塚古墳、勝手塚古墳、東谷山白鳥古墳などが国の史跡に指定され地名を冠し志段味古墳群と呼ばれています。それにしても地名をどう読むか戸惑うことが多いですね。

 目指す白鳥塚古墳はJR高倉寺駅からさほど遠くないところにありました。南下し庄内川を渡ると愛知県立大学の守山キャンパスの校舎が見え、道を挟んだところに古墳公園として整備されています。すぐ気が付いたのは(動画1)前方部の高さが後円部のそれよりもずっと低いことでした。前方部の幅も後円部径よりもぐんと狭く後円部径75mに対して40mしかありません。前期古墳だなとすぐにわかります。

後円部に登ってみると埋葬施設が図示されているのかと勘違いした石英の石片が円形状に並べられていました。埋葬施設がないわけはないと思うのですが発掘調査が近年は行われていないのでよくわからないそうです。とはいえ白鳥の名は墳頂が石英の小礫で覆われたからともいわれています。墳頂以外の墳丘全体は川原石で覆われていたようでかなり葺石は残っていますし、くびれ近くの部分は動画2にあるように復元され、全体をイメージするのに役立ちます。

 白鳥塚こふんと同様に4C央から後半の築造と考えられているこれまでアップした古墳をいくつか紹介しておきます。佐賀県の金立銚子塚古墳(以下、いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)、岐阜県の昼飯大塚古墳、山梨県の甲斐銚子塚古墳、山形県稲荷森古墳などがあげられます。いずれも墳長100mを越えるかやや欠ける規模のもので大型といってよいと思います。比較してご覧ください。アクセスは冒頭に記したとおりです(撮影2017314日)。


PNG shiratorizuka aichi zu

 

白鳥塚古墳基本データ

所在地 愛知県名古屋市守山区

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径75m高さ約15.2m(北)12.6m、前方部幅40m 高さ6.7m(北)5m(南) 後円部三段、前方部二段 葺石あり

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東谷山の中腹にこんな古墳が
 今回の南社(みなみやしろ)と中社(なかやしろ)の二基の前期古墳は標高198mと名古屋市の最高峰東谷山(とうごくさん)の中腹にあります。山頂には尾張戸神社があり断夫山古墳(いずれ紹介します)のある熱田神宮の奥の院としても知られています。尾張戸神社にも円墳の尾張戸神社古墳があるのですが本殿が墳丘を遮っていて見通しが効かないのが残念です。動画4の最後に尾張戸神社古墳と東谷山の遠景を短くつけておきました。

 既に紹介した志段味古墳群のなかで最大の前方後円墳白鳥塚古墳を右手に、愛知県立大学のキャンパスを左手に見ながら南に進みます。1㎞ほど歩いたでしょうか。次第に周囲の緑が濃くなり右手に池が見え、左には東谷山フルーツパークと駐車場が見えます。ここが東谷山の登山口です。動画1の最初にあるように勾配がきついです。10分でしょうか。ひたすら登りが続いたあとに南社古墳らしき高まりが見えてきました。径30m二段築成の円墳です。一部葺石(発掘されたものを利用)と円筒埴輪が復元されています。説明板によれば葺石の上段は円礫を、下段は角礫をと使い分けていて、それは山の下から見上げた時に目立つ上段を意識したからだそうです。現在は深い森に囲まれていますが、時々木立の隙間から覗く地上をみるとその狙いはよくわかります。

 ここからさらに急な階段を5分ほど歩くと尾根にへばりつくように前方後円墳の中社古墳が視界を遮りました。想像していた以上に大きく、前方部と後円部の墳丘がよくわかります。ここも円筒埴輪と葺石が復元整備されていて当時を想像するには十分です。円筒埴輪はさきほどの南社古墳のものと形態、製作技法が類似しているだけでなく土の元素組成も類似することから両古墳の埴輪は一体的に生産されたと考えられているそうです(歴史の里しだみ古墳群HP)。両古墳は白鳥塚古墳のすぐあと4C中頃の築造です(撮影日2017117日)。

PNG minamiyashirotonakayashiro zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

珍しい複室構造の石室
 自動車のトヨタで知られる愛知県の豊田市。地図を広げてみるとその巨大さに驚かされます。面積は愛知県の20%を占めますが人口は42万人と少なめです。今回の池田1号墳は径20mほどの円墳で豊田市の西の端にある標高600mほどの猿投(さなげ)山の近くにあります。三河地域と呼ばれるところですが東5㎞ほどのところには矢作(やはぎ)川が流れています。説明板は三河では最大の横穴石室を有する円墳だそうで猿投山の麓から広がる水田地帯を支配した豪族の墓ではないかと記しています。

もっとも豊田市駅から30分ほどバスに揺られて猿投登山口で下車した古墳周辺の景色は工場や住宅が建ち並び古墳時代を想起するものはなにもありません。ところが5分ほど歩くと動画1に見るような静寂の世界が広がっていました。時折墳丘周囲の落ち葉が風にそよぐ音が聞こえるほどでした。南西にまわると石室が開口していました。羨道は天井部分がなくかなり削られていますが複室構造のためにスケールの大きさを味わうには十分です。前室は長さ2.8m 幅2.2m 高さ2.3m、その奥の後室は一回り大きく3.2m、幅2.4m、高さ2.4m。いずれも磨かれた巨石で築かれています。それにしても美しい。個人的には天井が1mほど高ければと思いましたが・・・。羨道が完存していれば墳丘は現状よりももっと大きかったことが想像されます。残念ながら全国古墳編年集成には古墳自体が記載されておらず、日本古墳大辞典には池田一号墳は記載されているものの築造時期についてはなにも記されていません。説明板にある約1400年前を手掛かりに7C初頭としました。撮影日(20171211日)。


池田1号墳基本データ

所在地 愛知県豊田市猿投

形状 円墳

規模 径19m 高さ3.5m、横穴石室 羨道 残存長2.5m 前室長さ2.8m 幅2.2m 
高さ2.3m、後室 後室長3.2m 幅2.4m 高さ2.4m 

築造時期 6C

史蹟指定 愛知県

出土品 不明

特記事項  なし

 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ