今回、前期古墳として紹介するのは愛知県犬山市にある前方後方墳東之宮古墳です。墳長は72m70m以上のものは全国で34基しか確認されていないそうですから、トップクラスの大きさです。考古学者や古墳マニアの間では三角縁神獣鏡4面を含む銅鏡はじめ豊富な埋葬品が発掘されたことでよく知られた存在だそうです。

前回は静止画像しか撮らなかったための再訪でしたが、生憎の雨。しかも岐阜の野古墳群を見学した後だったので辺りは暗くなりかけの時間でした。それでも、長い成田山名古屋別院の階段を歩き、本堂裏手の新生大仏前の駐車場経由で山頂に着き、薄暮の中、静かに横たわる墳丘を確認できた時の思いは格別でした。動画1でどこまでその様子が伝わるかはわかりませんがご覧ください。

犬山市で生まれ育った考古学者赤塚次郎(NPO法人古代邇波の里・文化遺産ネットワーク理事長)さんによれば古墳全体が盛土でできているそうです。これまで紹介してきた多くの古墳は地山の一部を利用していましたが、東之宮古墳はそうではないのです。標高143mの頂上のあの墳丘が人工の山だとは・・・。並大抵の労力が必要とされたことは容易に想像できますし、その動員力にも驚かされます。赤塚さんの説に従えばこの地は魏志倭人伝に登場し卑弥呼に反旗を翻した狗奴国の卑弥弓呼(ひみくこ)が支配し、東之宮古墳の被葬者はその末裔ではないかということになります(赤塚次郎、幻の王国・狗奴国を旅する(風媒社、2009年)。墳頂からの帰路はそうした壮大なロマンをかき立てるに十分な暗闇でした。

発掘調査が継続的に行われてきた東之宮古墳ですが史跡東之宮古墳現地説明会資料(201292930日)は竪穴式石槨の画像が多数含まれ見逃せません。ネットでアクセス可能です。また、発掘担当者のブログ東之宮古墳発掘調査作業日記も実に興味深いです。

アクセスは名鉄犬山線犬山遊園駅から徒歩で30分ほどです。駅から線路伝いに南に下り二つ目の踏切を左折し道なりに進むと成田山名古屋別院が左手にあります。本堂まで階段で上がり、左手の道を新生大仏方面にさらに登ります。大仏前の駐車場内に動画1の登山口が見えます。



東之宮古墳基本データ

所在地 犬山市大字犬山字東古券

形状 前方後方墳

規模 墳長72m、後方部 48m×49m 高さ8m、前方部幅45m 高さ6m

築造時期 3C

出土品 銅鏡11面(内三角縁神獣鏡4面) 石釧 鍬形石 鉄製武器 字製鉄器

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は後方部に2か所(内1か所は4.8m×0.8mの石槨)、前方部に
1か所




PNG higashinomiya zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村