古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

カテゴリ: 静岡県

 石室排水溝がわかる復元古墳
 今回紹介する古墳は清水港を一望できる丘の一角にある墳長65mの前方後円墳、三池平古墳です。おそらく築造当時、海はもっと間近にあったでしょう。想像以上によくできた復元古墳でした。とりわけ発掘された石室を後円部の墳頂に、また石室からの排水溝を地上に再現しているところは印象的でした。鏡などの副葬品とともに成人男子の骨も残っていたそうです。排水溝をこのように復原した古墳ははじめてみましたが、5C初めと考えられる当時の技術の高さを物語っているといえるのではないでしょうか。既にいくつもの石室を紹介しましたが、石室を含め古墳築造は土木技術の粋を集めたのものといえます。

 JR清水駅から静バス庵原線で15分。トレーニングセンターで下車。バス停前の駐車場から古墳にあがれます。色々な角度から古墳を撮影してみました。楽しんでご覧ください(撮影2016年6月29日)。

PNG miikedaira zu

三池平古墳データ

所在地 静岡県静岡市清水

形状 前方後円墳

規模 墳長65m 後円部径43m 高さ5m 前方部幅36m 高さ3.2m

築造時期 5C前半

出土品 石棺内部で石釧、小玉、管玉が、石棺外側では、鏡(変形方格規矩四神鏡、

四獣文鏡)、筒形銅器、武具、農具

史跡指定 県指定

特記事項 墳頂部の竪穴石室内の石棺内部は朱が施され成人男子の骨が残されていた


新幹線から見える谷津山古墳(頂上に鉄塔)
 今回紹介するのは静岡県静岡市の谷津山山頂にある墳長110mの前方後円墳、谷津山古墳です。柚木(ゆのき)山神(やまのかみ)古墳ともいわれています。静岡平野のど真ん中に位置する谷津山は標高108mしかありませんが、動画からも確認できるように市内は勿論、その先に駿河湾が目に入ります。古墳の被葬者はこうした眺望を独占できる有力者だったのでしょう。葺石を貼った三段築成の古墳ですから、築造にも多くの人力が必要だったはずで、その権力の大きさが想像できます。勿論、そのことは紹介してきた古墳全てに言えますが、敢えて繰り返したのは、静岡鉄道の柚木駅の裏手から目指した山頂まではとても108mの低山とは思えない急坂が続き、息が切れたからです。尾根にへばりついた径70mをはかる後円部の裾からは前方部を見るのに苦労するほどです。「よくぞこの狭い山頂に・・・」と思わざるを得ません。いったいどのような人々が築造にかかわったのでしょうか。

明治期に盗掘にあった埋葬施設は竪穴石室で木棺が用いられていたようですが詳細はわからないそうです(静岡・清水平野の古墳時代、静岡市立登呂博物館、1990)。もっとも銅鏡の破片、銅鏃、鉄鏃、鉄剣、砥石等の石製品が出土したと記録されています。

静岡鉄道柚木駅の改札を出てすぐの日本通運裏側の鳥居をくぐり山頂を目指します。20分ほどです(撮影2015年9月5日)。

PNG yatsuyama zu

所在地 静岡県静岡市葵区柚木

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径70m 高さ9m、前方部幅45m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 銅鏡の破片、銅鏃、鉄鏃、鉄剣、砥石、紡錘車等の石製品

史跡指定 なし

特記事項 旧駿河国の領域では最大の古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 富士山を借景にした小型の後期古墳群
 今回は静岡県三島市に比較的最近発見され古墳公園として整備された向山古墳群のうち3号墳を紹介します。動画1からおわかりのように前方後円墳のミニチュアのような3号墳です。3号墳が前方後円墳ということはヤマト王権とのつながりを連想させます。山あいの向山古墳群全体は4C中頃から6Cにかけて造られた10数基の墳墓から構成されています。AからCのゾーンに区分された公園は復原された古墳と、ほとんど人の手をいれずに墳丘を保存した地域にわかれていますが、非常に工夫されていると思いました。

古墳群から見る雪を被った富士山の姿はそれは印象的でした。幾たびかの噴火で形は変わっているとはいえ、被葬者が眠る古墳から雄大な富士山を人々が目にしていたことは疑いがありません。円墳の14号墳から見る富士山は格別の美しさだったので、前期古墳ですが番外編として3号墳の動画に加えました。

アクセスは伊豆箱根登山鉄道の駿豆線大場駅から大場分譲地・錦が丘分譲地行で錦が丘入口で下車。徒歩5分です。バスは1時間に2本ほどあります(撮影2014年11月25日)。

PNG mukaiyama3gou zu

所在地 静岡県三島市

形状 前方後円墳

規模 墳長 21.7m 高さ不明、前方部幅8mほどか 高さ不明

築造時期 6C中頃

出土品 長さ1mの鉄剣(1号、2号墳からは鉄剣に加え鉄刀、鉄鏃も出土)

史跡指定 県指定

特記事項 1975年に近くの向山小学校建設時に12号墳が偶然に発見され、その後

残りの古墳が発掘され古墳13基が県指定の史跡となった。別途平成16年に竪穴埋葬施設をもつ前方後円墳が近隣から見つかっている。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

前期古墳でも早期に造られた前方後円墳
 今回は前期古墳、それもかなり早い段階の3C後半の築造ではないかと考えられる静岡市の神明山古墳です。76日アップした同じく静岡市の三池平古墳と清水港の丁度中間地点の神明宮境内にあります。三池平は中期の5C前半の築造でしたから、はるかに神明山古墳のほうが古い時期に造られたということになります。現在では、動画や撮影位置で図示しましたように前方部のバチ型の西側部分が削平されてしまっていますが、神明宮裏の西側から眺める墳丘は前方後円墳そのものです。もっとも、墳丘には倒木や伐採した木々が置かれている上に雑木林がそのままになっているので見通しがよいとはいえません。

  面白いのは、削平された前方部の元の位置を川原石を赤くペイントして、わかるようにしている点です。少々わかりにくいですが画像を貼り付けてあります。この古墳が神明宮の広い境内にある利点を生かした方法です。削平された大半の古墳は跡形もなく住宅や施設に化けています。

 3C後半の築造は、既にアップした前期古墳の中でも最古期に属することになります。静岡市文化財保護審議会(2014811日)では、墳長は69m、箸墓古墳の長さは278mで、箸墓古墳の約1/4 の規模であること、方形の先端が三味線のバチのように開き、箸墓古墳に類似していると報告され、極めて重要な遺跡であることが指摘され、その後市の指定から県の指定遺跡に格上げされた経緯があります。最初にアップした箸墓古墳(卑弥呼が葬られているともいわれる)が造られてからほどなく、この太平洋に面する清水の地によく似た墳墓が登場したということです。色々な想像を巡らせてくれる古墳です。 清水駅北口から静バス 港南厚生病院線で神明宮下車、目の前です。1時間に一本はあります(撮影2015年9月14日)。

PNG shinmeiyama shimizu zu
神明山 川原石
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

賎機(しずはた)は静岡の語源なのですね。恥ずかしながら知りませんでした。麻の織物、機織りを職業とした人々が多数いたこの地一帯の丘陵が賎機山とよばれ、それが明治になり、賎機の丘、静岡になったというのです。静岡にとり、この地は非常に重要だということになります。

それはともかく、駿府城近く、静岡市内のど真ん中の浅間神社境内に古墳はあります。復元整備された石室は、江戸時代から開口していたようで、古文書にも記されているそうです。昭和24年の発掘調査では、石室、石棺は盗掘に遭い荒らされていましたが、石棺の周囲から土器、武具、馬具など質、量ともに豊富な副葬品が出土しています(静岡市教育委員会の賎機山古墳パンフレット)。そのパンフレットには出土品は浅間神社境内横にある静岡市文化財資料館にて公開中とあるので、楽しみに立ち寄ったのですが、結論からいえば見れませんでした。特別展開催中の時は、賎機山古墳出土品は展示スペースの関係で公開していないというのです。少々、不親切なパンフレットの記述ですね(静岡市のHPにも常時展示とあります)。

肝心の石室ですが、内部には入れないものの、ライトに照らされた見事な家形石棺を含め柵越しに見ることができます。ただ、玄室の大きさなど実感するには中に入りたいところです。6C後半の築造と推定されているようですが、出土品は7C前半のものもあるそうで、複数回埋葬されたと考えられています。アクセスは静岡駅北口から安東循環線で赤鳥居前下車すぐです(撮影日2015年9月5日)。



PNG shizuhatayama zu
 

賎機山古墳データ

所在地 静岡県静岡市葵区

形状 円墳

規模 径32m、高さ7m

築造時期 6C後半

出土品 金銅製の冠帽金具、土師器、須恵器、挂甲、馬具、武具、装身具類

史跡指定 国指定

特記事項 横穴石室規模 全長13.2m、羨道6.4m 高さ1.7m 幅1.2m、玄室 長さ6.5m

奥壁高さ 3.8m 幅2.6m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  中山荘園古墳と同じ珍しい八角墳
 JR
中央本線の石和温泉から東南方向に5㎞ほどいったところに今回の終末期古墳、経塚古墳は山梨県森林公園 金川の森にあります。現地に赴いてもさほど標高は高いと感じられませんが348mもあると知っていささか驚きました。近くに笛吹川が流れ、今回の経塚古墳を含め後期から終末期の国分古墳群がこの地域には築かれています。墳丘は一つ前に紹介した白鳥陵の15分の1ほどですが八角墳という珍しい形式で全国でも12基ほどしか確認されていないようです。奈良県明日香村の天武・持統合葬墓がよく知られています。このブログでは兵庫県宝塚市の中山荘園古墳(クリックすれば飛べます)、群馬県藤岡市の伊勢塚古墳(クリックすれば飛べます)をすでにアップしていますが今回の経塚古墳は復元整備されたこともあり八角形が極めて明瞭に見て取れます。

 前方後円墳→前方後方墳→円墳→方墳の順に格付けがなされてきたというのが通説ですが、八角墳はどこに位置づけられるのでしょう。円墳の変形と考えるべきなのでしょうか。とはいえ八角墳が登場してしばらくたった7C後半以降はランクでは最高位となる天皇陵に特化されていくそうです(前述の天武・持統合葬墓の他、舒明、天智、文武陵)。それにしても八角墳の八角はどのような背景を持って生まれたのでしょう。現地案内板は中国思想、仏教思想の影響を指摘していますが、考古学者の土生田純之さんは、四方八方あまねく支配することの象徴という説、仏教の背景を紹介し、前者が現在では有力な解釈だと述べています(古墳の見方、ニューサイエンス社、2014)。

 残念ながら石室内部には入れませんが、羨道中途にある格子越しに内部を十分観察できます。石室の中央部が壁側に膨らむ胴張型であることも玄室が羨道より左右に広がる両袖式であることもわかります。

アクセスは石和温泉駅から岡銚子塚古墳のある八代ふるさと公園と経塚古墳のある金川の森公園までタクシーを利用しました。短時間で効率よくまわるには車がよいのでしょうが周辺の景色を観察する余裕がありませんでした(撮影2016年3月31日)。



経塚古墳基本データ

所在地 山梨県笛吹市

形状 八角墳

規模 直径12.5m 高さ2.2m

築造時期 7C

出土品 鉄斧

史跡指定 県指定

特記事項 全国で9例目の八角墳という珍しい墳丘の形


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ