古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

カテゴリ: 群馬県

見通しの効かない石室にぼんやりと家形石棺が浮かぶ
 2016
18日に紹介した二子山古墳(クリックすれば飛べます)から南に100mほど下ったところ総社第6中学校の目の前に愛宕山古墳はあります。といっても動画1からお分かりのように雑木が生い茂った小山で一辺55mの方墳にはみえません。道路に沿って東に回り込むと愛宕山古墳の標識が立ちようやく古墳だということがわかります。墳丘を歩きましたがあるのは藪また藪です。同じ方墳で家形石棺が置かれた300m南にある宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)とはだいぶ違います。愛宕山よりも後に造られた宝塔山の場合、光巌寺が大切に守ってきたということなのでしょうか。関ヶ原の戦いの後、総社に入った秋元氏が開いたのが光巌寺で宝塔山墳頂には秋元家の墓所があります。愛宕山も同様に国の史跡指定を受けているのですからそれらしい保護のあり方があってよいのではと思ってしまいます。

 自然石の積まれた石室にある石棺の違いも興味深いです。時代が下っていることもありますが宝塔山のほうが優美な感じがします。石棺の脚部が仏教の影響を受けて特殊な形に加工されています。他方今回の愛宕山の家形石棺は風化が進んでいるためかあるはずの縄かけ突起もよくわかりません。ただし家形石棺の特徴である蓋石の平坦面はキャプションでも書きましたがきれいに加工されています。家形石棺は関東では二例しか残されていないそうで大変貴重です。縄かけ突起がよく残されているすでに紹介した石棺は静岡市の賎機山(しずはたやま)古墳(クリックすれば飛べます)です。是非ご覧ください

群馬総社駅から南に線路沿いに下り大きな通り(15号線)を左折し二本目の道を右折してまず二子山古墳を見学したあとすぐ目に入る総社市立第6中学校まで歩くと正門の前が

墳丘です(撮影2015年12月17日)。




愛宕山古墳(総社古墳群)基本データ

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 方墳

規模 一辺56m 高さ8m 二段築成

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 群馬県内で確認されている二つの家形石棺のうちの一つ




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  何とも残念な見学お断りの石室!
 今回紹介する後期古墳は群馬県安中市にある墳長80mの前方後円墳、簗瀬二子塚古墳です。20157月にオープンしたばかりの古墳公園内にあり道を挟んでガイダンス施設があります。訪れたのはその一か月ほど後の夏真っ盛りの時期でしたが開園直後ということもあり、墳丘のシルエットは非常に明瞭でした。しかも巡っている二重の周濠のほぼ全域が公園なので、遠くから古墳全体を一望できます。もっとも墳長が80mと中規模であることも関係しているのでしょう。なかなかの出来栄えの復元古墳です。以前の墳丘写真をみると竹藪で覆われており復元後の姿とはだいぶ違います。築造時に近いのは現在の姿に違いありません。もっとも葺石や埴輪は復元されていません。同じころに復元された古墳は京都府長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)ですが、こちらのほうは一部ですが葺石も埴輪も復元されています。

それにしても今回の簗瀬二子塚古墳、墳長は97mと一回り大きいとはいえ高崎市の綿貫観音山古墳(クリックすれば飛べます)とよく似ています。後円部に横穴石室があるのも同じです。是非、比較してご覧ください。ともに後期の前方後円墳に特有の前方部の発達がみられます。簗瀬二子塚は動画2からわかるように前方部の北の端から南の端まで歩いてみると、後円部が見えないこともあり壁のように感じました。

とはいえ異なる点もあります。築造の時期です。綿貫観音山古墳は同じ6Cでも後半、簗瀬二子塚古墳はずっと早く6Cの初頭に造られたと考えられています。上野(かみつけ、現在の群馬県とほぼ同じ)地域では最初の横穴石室をもつ前方後円墳としても価値があるそうです。全長は11.5mもあります。

残念なことに、それほど貴重な古墳にもかかわらず、石室は閉鎖され見学はできません。市の教育委員会によれば湿度計など機器が設置されており開放の予定はないということでした。普段は閉鎖されていても京都府の物集車塚古墳(クリックすれば飛べます)のように一年に一度一週間ほど開けるところもあります。安中市は全国の例を参照されたのでしょうか。代わりにガイダンス施設には横穴石室内部が動画でみることができるというので、寄ってみましたが、数多くの石室に入った経験からすると、よくできているとはいえ実物にはかないません。と、ここまで書いて、皆さんご覧いただいている私の撮った動画も古墳理解のあくまで補完材料ということに気が付きました。現地を是非訪れて頂きたいと思います。

 新幹線の安中榛名駅前から安中市のコミュニティーバス磯部駅行きで原市小学校下車、南に徒歩10分、道路沿いにあるのでわかりやすいです。バスは1時間に1本ほどです(撮影2015年8月25日)。
Yanasefutagozuka zuPNG



簗瀬二子塚古墳基本データ

所在地 群馬県安中市簗瀬

形状 前方後円墳

規模 墳長80m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅60m 高さ7m

二段築成 葺石 円筒埴輪あり

築造時期 6C

出土品 玉類、鉄鏃等鉄製品、馬具、土師器、須恵器、円筒埴輪、家、馬など形象埴輪

史跡指定 市指定

特記事項 横穴石室 長さ11.5m、羨道7.3m 幅1m、玄室 長さ4.3m 幅2.3m 高さ2m

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


 国の特別史跡山上碑の隣の石室
  上野三碑(こうづけさんぴ)と呼ばれる現在の群馬県域に、日本に18例しかない古代の石碑が三つあります。造られた順は山上碑(やまのうえ)(681年)、多胡碑(711年頃)、金井沢碑(724年)です。なぜ三つもあるかは別にして、最も古い山上碑は、隣にある山上古墳の被葬者について書かれている墓誌という点が重要です。これまで紹介してきた古墳の被葬者の多くは特定できていませんが、山上碑のおかげで事実上被葬者を知ることができるのです。碑には、近在の放光寺の僧侶・長利(ちょうり)が母の黒売刀自(くろめとじ)のために墓を建てたことなどが書かれているそうです。ただ、石室の形態などからすれば古墳は石碑の建てられた681年より数十年前に造られたとようで(事実上と書いたのはそうした理由です)、実際には山上古墳の被葬者は黒売刀自の父であり、その後、黒売刀自が追葬されたものと専門家はみています(高崎市HP、上野三碑とは)。
 上信電鉄の山名駅から西に1㎞ほどアップダウンのきつい山間の道を歩きます。国の特別史跡なので山上碑までの標識は整備されて迷うことはありませんでしたが、最後は動画1の冒頭にあるような急な階段が続きます。頂上まであがると左に建屋に覆われた山上碑が、その隣に小さな円墳が見えます。石室は精緻な凝灰岩による切石積みです。時期は下りますが同じ群馬の総社古墳群の宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)、蛇穴山古墳(クリックすれば飛べます)と共通するものがあります。奈良明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)の石室とも是非比較してご覧ください。ただ、山間にある古墳の石室ということでしょうか動画では削除しましたが石室の天井にはカマウドが密生していました。苦手な方はご注意ください。もう一つ驚いたのは奥壁前には大きな馬頭観音像が鎮座していたことでした。聞けば鎌倉時代のものだそうですが怒りの表情のように見える形相がぼんやりと浮かびあがった時には思わず後ずさりしました(撮影2015年12月17日)。


幅広の一段目テラスが印象に残る優美な墳丘
 今回は既にアップした前二子古墳、小二子、後二子古墳同様、群馬県大室古墳群の一角を占める中二子古墳を紹介します。群中、最大規模の前方後円墳です。前橋の駅からバスで1時間ほど。次第に標高が高くなっていくことに気が付き始めた頃終点の大室公園に到着です。赤城山麓の標高130mの大地の整備された公園は、訪問した二度とも静寂に包まれていました。そこに復元された国指定の4基の前方後円墳と中小10数基の古墳が点在しています。

C初めに前二子(クリックすれば飛べます)、続いて6C前半に今回の中二子、後半に後二子(クリックすれば飛べます)古墳が、そして最後に小二子(クリックすれば飛べます)が築かれたと考えられています。畿内では前方後円墳の築造が終わりを迎えつつあった頃のことです。この地を含め上野(かみつけ、現在の群馬県)では依然として前方後円墳が造られ、これまでアップした古墳でいえば中二子の後に綿貫観音山(以下いずれもクリックすれば飛べます)、総社二子山前橋(天川)二子山と横穴石室を有する前方後円墳が築かれました(残念ながら中二子では埋葬施設は確認されていません)。葺石、埴輪なども畿内ではあまり見られなくなったにも関わらず東国では、そうした抑制的な姿勢はみられず、そのことは動画2の中二子の前堤に立ち並ぶ円筒、朝顔、盾持ち人の3000本にものぼる埴輪を思い出して頂けば十分ではないでしょうか。

墳長111mと大室古墳群中最大の前方後円墳は後二子同様に一段目のテラスが広く、それは実際の墳丘規模よりも大きく見せる効果を持っている気がします。前方部幅は後円部径よりも広く、高さも後円部と同じで後期特有の前方部の発達がみられます。墳丘の周りには幅15mほどの空の内堀が、その外淵には中堤がまわり、墳丘への道、わたりが2か所設けられています。一時期は水を湛えていたのではないかと考えられた時期もあったようですが近年の調査の結果空堀だったことが判明しています。今回で国指定の4基の古墳からなる大室古墳群のアップはとりあえず終了です。なお詳しくは前原豊さんが書かれた「東国大豪族の威勢 大室古墳群」(新泉社、2009)に詳しいです。前原さんの本ではじめて知ったのですが幕末の英国の外交官アーネスト・サトウも考古学に興味をもっていたそうで大室の地を1880年に訪れてスケッチ等残しているそうです。外国人考古学者としてはウィリアム・ゴーランド(冶金技術者として大阪造幣局に招かれ、傍ら全国の古墳の調査を行った)が有名ですが、彼以外にも日本の古墳に興味を持っていた外国人がいたとは驚きでした。
 アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015930日)。



中二子古墳(大室古墳群)基本データ

所在地 群馬県前橋市西大室町

形状 前方後円墳

規模 墳長111m、後円部径66m 高さ14.8m、前方部幅79m 高さ14.8m

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は明らかになっていない


PNG nakafutago(oomurokofunngun) zuPNG oomurokofunngun(chikuzoujun)



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東国で墳長210mと最大規模を誇る前方後円墳

   いつアップしようか迷っているうちに一年半も過ぎてしまいました。このブログは比較という点にこだわっているので同規模の墳長を持つ畿内の古墳をいくつかを紹介してからと思っていたのです。それにしても本人が言うのもおかしいですが関東最大の前方後円墳墳長210mの太田天神山古墳は、天気にも恵まれ実に美しく撮れました。現地に朝早く着くよう、始発近くの電車に乗った記憶があります。その墳丘は、前年夏にみたのとは全く違っていました。動画4の最後に夏の墳丘(静止画像)を加えています。本動画中のキャプションで東側と西側が逆になっていました。東側西側 西側東側です。失礼しました。

 古墳関係の啓蒙書、専門書でも必ず触れられているのが太田天神山古墳です。畿内、河内の政権が百舌鳥・古市古墳群の巨大古墳を築いていた頃、この地でも210mという突出した規模の古墳が築かれたのです。上野では既に紹介した前橋天神山前橋八幡山古墳
(クリックすれば飛べます)のように前期にも相当規模の前方後円墳や後方墳が造られますが、太田天神山古墳との関連でいえば宝泉茶臼山、浅間山古墳(いずれも未アップ)とそれまでにない170m規模の前方後円墳が先行して造られています。太田天神山古墳は両古墳をしのぐのですから首長としての力は傑出していたのでしょう。それを示しているのが動画2でも紹介した全体を覆う葺石です。右島和夫、千賀久「古墳時代」(河出書房新社、2011)では、「付近一帯には石材が乏しい。巨大古墳を葺石で覆うためには、古墳の力南に六キロの利根川、あるいは北に約六キロの渡良瀬川から運び込む必要がある。このような条件下では、葺石自体を断念するが一般的である」としています。それでも人々は懸命に古墳築造に取り組んだのです。私は見ることができませんでしたが、くびれ辺りに後円部の埋葬施設の長持型石棺の一部が露出し、それは畿内の大王墓クラスに匹敵するものだったとそうです。残念ながら既に盗掘されており、めぼしい出土品はありません。
  後円部は三段、前方部は二段築成、後円部から前方部に至あるいてみましたがあまりに幅が広く、左右が視野に入らないほどでした。京都府城陽市の久津川車塚古墳(いずれアップします)でも同じ印象でした(いずれアップします)。墳丘西側は崩れています。墳長210mですから、墳丘全体を見渡すことはなかなか難しいのですが、巨大な周濠がまわっており、それが可能となりました。同規模の中期古墳には奈良県馬見古墳群の巣山古墳(墳長220m)(クリックすれば飛べます)。宝来山古墳(墳長227m)(クリックすれば飛べます)があります。是非比較してご覧ください。

アクセスは東武伊勢崎線太田駅北側にある東国歴史街道を西方向に道なりに600mほどあるくと太田天神山古墳です。駅から徒歩20分(撮影日2015219日)。

PNG ooatenjinyama zu


太田天神山古墳基本データ

所在地 群馬県太田市内ケ島町

形状 前方後円墳

規模 墳長210m 後円部径120m 高さ16.8m、前方部幅126m 高さ 12m

後円部 三段築成、後円部二段築成 葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、水鳥埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 本文中で触れたように関東で最大の前方後円墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 アクセスして頂いている方々ありがとうございます。今回は一年以上前にアップした私の最もお気に入りの古墳の冬の姿をご紹介したいと思います。そう このブログの表紙になっている群馬県高崎市倉賀野にある大鶴巻古墳です。葉の落ちた後円部の雑木が印象的です。夏の姿と比較してご覧ください。そして関東にお住いの皆さんには是非、現地を訪れることをお勧めします。古代と現代が見事に共存しています。動画6と7が逆になっていますが、表紙の古墳の向きは動画7になります。大鶴巻古墳です(クリックしてください)。

↑このページのトップヘ