古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 群馬県

 石英片岩の石積みが美しい
  石室の石積みに特徴のある小さな古墳は、七興山のバス停に戻って500mほど北上した上落合にあります。よく整備された古墳の周辺はもちろん、大きめの自然石の周辺に石英片岩をちりばめた石室の壁は見事です。ただ、暗いので懐中電灯など持参されるとよいと思います。こうした石積みは、藤岡市周辺ではじまり埼玉県の児玉郡あたりに限定されるそうです。古墳の内装も流行りがあったということでしょうか。動画ではその美しさはとれず、静止画像もフラッシュでとってこの程度です。築造の際の石工はどのように灯を確保したのでしょうか。気になりました。

 500mほどしか離れていないところに位置する七興山古墳(88日アップしています。カレンダーの該当日をクリック)も是非ご覧ください。こちらは実に壮大です(撮影2015年3月26日)。

伊勢塚古墳基本データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 不正八角形墳

規模 長さ27.2m 高さ6m

築造時期 6C

出土品 須恵器、埴輪等

史跡指定 県指定

特記事項 石室の石積みが独特です。説明板によれば「石室は胴張形の平面形で、所々にやや大型の自然石を配しその周辺に細長い結晶片石を差し込んで飛白模様にしている点に特徴があります。こうした模様積の石室を持つ古墳は、藤岡市域から埼玉県児玉郡周辺に見られます」とあります。動画ではよくわからないが静止画像でその雰囲気はわかります。

石室全長8.94m羨道長 4.24m 幅 奥1.95m 前1.4

玄室長 左4.7m 中央部7.15m 右7.25m 幅奥1.84m 中央2.41m 前1.54m 高さ2.5m





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

二重の周濠も復元した大型前方後円墳
 既にアップした二子山古墳(クリックすれば飛べます)同様、群馬県高崎市の保渡田古墳群に属する八幡塚古墳が今回紹介する古墳です。墳長102mの堂々たる前方後円墳です。1981年、上越新幹線建設予定地の群馬町大字三ツ寺から発掘された古墳時代の豪族の館跡(三ツ寺Ⅰ遺跡)の主が眠っていると考えられています。三ツ寺I遺跡とは1kmほどしか離れていません。三ツ寺遺跡は新幹線と県道に分断されて、当時の様子をうかがい知ることはできませんが、こちら保渡田古墳群は違います。西光寺と墓地があり墳丘が大きく削平されている薬師塚古墳は別にして、既にご覧頂いた二子山古墳と今回の八幡塚古墳は見事に復原されています。

二つの古墳ともに中島と呼ばれる祭式が行われたとされる造り出しのようなものがあります。八幡塚古墳の動画では、かする程度にしか映っていません。5C後半に二子山が築かれ、ついで今回の八幡塚、そして薬師塚の順で造られたと考えられているようです。八幡塚古墳は三段築成、動画でみるようにびっしりと葺石が葺かれ、円筒埴輪が並んでいました。前方部の前の堤には祭祀が行われたであろう円筒埴輪で囲まれた区域があり、人物、形象埴輪が林立しています。後円部の竪穴石室は墳頂下に復原され公開されていますが、こうした形での復原は珍しいと思います。後期古墳に位置する前方後円墳の埋葬施設は横穴石室が多く、その点でも興味深いです。ただ、専門家のお話のように保渡田古墳群が中期と後期の移行期と考えれば納得がいきます。是非、現地にいらしたらご覧ください。古墳群内にあるかみつけの里博物館の休館日(火曜及び火曜が祝日となった場合の翌日)は閉鎖されています。ご注意ください。

二度目の訪問ですが、天気が急変し全体的に暗い動画になってしまいました。やむなく好天時だった一度目の訪問の静止画像で補いました。もっとも古代にもこのような天候はあったわけですし、それどころか榛名山の噴火も受けていることを思い出しました(墳丘は埋没を免れたそうです)。アクセスはJR高崎駅から市内循環 ぐるりんバスでかみつけの里博物館前下車。本数は少なく、2時間に1本程度です。少々不便です。その後三度目の訪問を果たし4本の動画を追加しました。古墳データのあとに挿入しています。なお動画撮影位置の図は先行した分のみです(撮影2013年1月23日、2015年2月19日、2017年8月23日)。

PNG hachimanzuka zu

八幡塚古墳データ

所在地 群馬県高崎市保渡田町、井出町

形状 前方後円墳

規模 墳長102m 後円部径56m 高さ6m、前方部幅53m 

高さ4.8m(削平されたので不明との情報も)

築造時期 5C

出土品 副葬品は鉄地金銅張f字形鏡板の轡と同剣菱形杏葉

史跡指定 国指定

特記事項 堀のなかに四つの島状区域がある。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

後円部の一部のみ残る三角縁神獣鏡出土の古墳
 また前期古墳に戻り、今回は群馬県前橋市の前橋天神山古墳です。
  どこが古墳なんだろうか。そう思われた方も多いのではないでしょうか。実は墳長129mを誇り、埋葬施設からは三角縁神獣鏡を含む鏡5面が出土した大規模な前方後円墳だったのです。昭和40年代の区画整理で前方部は跡形もなく削られてしまいました。覆い屋がある下が主体部ですが、そこを囲むように後円部の一部が切り取られて残されているというわけです。大半の古墳が開発の名によって消滅している中、まだよい方ではないかとの指摘もあるかと思います。私は現地を訪れて、うーんと首をひねってしまいました。皆さんはどう思われるでしょうか。
 歩いて10分もかからないところには727日にアップした墳丘が完存する前橋八幡山(クリックすれば飛べます)(前方後方墳)があり、さらに30分弱歩いたところには73日にアップした二子山古墳(クリックすれば飛べます)もあります。こちらも墳丘は完存しています。三基とも100mを越す大型の前方後円墳と後方墳なのに、なぜ前橋天神山だけがと思ってしまいます。

 アクセスは八幡山古墳公園を広瀬川沿いに南東方向に下り一つ目の信号を右折し100mほど進んだ右手です。道路沿いに説明板があります(撮影2015年4月25日)。

PNG maebashitenjinyama zu

前橋天神山古墳データ

所在地 前橋市広瀬町

形状 前方後円墳(後円部の一部を除き削平)

規模 墳長129m 高さ9m、前方部幅68m 高さ7m

出土品 三角縁神獣鏡を含む銅鏡5面、武器、工具、土師器等

史跡指定 県指定

特記事項 三段築成、周堀、葺石あり


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

もっと知られてよい圧巻の石室!


 今回は群馬県の大室古墳群中、最初(6C初頭)に築かれた前二子古墳を紹介します。長野県にも積石塚で有名な大室古墳群がありますが、こちらは群馬県になります。当サイトではこれまで70を越えて古墳を紹介してきましたが、それぞれに見事な姿を現在まで残しています。そしてかなり多くの古墳が史跡公園として公開されています。ただ、単体の古墳が復元整備されている例が多く、前二子古墳を含め複数の大型古墳によって形成される古墳群を公園として整備している例は決して多くはありません。同じ群馬県の高崎市の保渡田古墳群のあるかみつけの里、埼玉県さいたま市のさきたま古墳公園、宮崎県西都原市の西都原古墳公園、大分県宇佐市の高部・高森古墳群のある宇佐風土記の丘、和歌山県和歌山市の岩橋千塚古墳群、香川県高松市の峰山公園にある石清尾山古墳群などが思い浮かびます。その中でも緑に囲まれた前方後円墳がいくつも築造当時を想像できる姿に復元されている大室古墳公園の光景は圧巻です。住宅地のなかに単体の古墳がポツリ残されているのとは違い古墳の印象が変わるのではないでしょうか。荘厳な葬送の儀式が行われたことが容易に想像できるのです。
 今回の前二子古墳は古墳群の中でも最初に築造されたと考えられています。その横穴石室は、東国で竪穴の埋葬施設から横穴に変わった頃のものだそうです。動画のキャプションにも書きましたが、かなり個性的な石室です。他の石室と比べてご覧ください。出土した副葬品からは、朝鮮半島との交流が行なわれていたことがわかります。なお詳しくは前原豊さんが書かれた「東国大豪族の威勢 大室古墳群」(新泉社、2009)をご覧ください。墳頂からは遠くに赤城山を、またすぐそこには埴輪が並ぶ、古墳群中最大規模の中二子古墳を望むことができます。
 アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015年9月30日)。

前二子古墳(大室古墳群)データ
所在地 群馬県前橋市西大室町
形状 前方後円墳
規模 墳長94m、後円部径68m 高さ14m、前方部幅65m 高さ12m位か
築造時期 6C初頭
出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器、装身具、馬具、武器、農耕具、鉤状金具
史跡指定 国指定
特記事項 後円部の横穴石室は全長14mの両袖式(玄室幅>羨道幅)で、玄室手前の玄門に扉石を設けている珍しい石室です。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

↑このページのトップヘ