古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 群馬県

葺石がよく確認できる町中の前方後円墳
   紹介が前後してしまいますが、今回の前橋(天川)二子山古墳から南東方向2kmほどのところに、前期古墳の前橋八幡山古墳(前方後方墳)や前橋天神山古墳(墳丘はほとんど残っていない)があり、それらとともに二子山古墳は朝倉・広瀬古墳群を構成しています。いずれも墳長100mを超えるという点でこの地を支配していた有力者中の有力者の墳墓に間違いはないでしょう。

JR両毛線の前橋大島駅から歩いて八幡山古墳に寄り、広瀬川を北に向ってHonda Cars を左折するとほどなく右手の児童公園の中に墳丘と思しき小山が木立とともに視界に入りました。車の往来が激しく、大型店舗の立ち並ぶ通り沿いという古墳にとっては残念な立地です。宅地化の波がひたひたと墳長104mの墳丘に迫っています。最近アップした甲斐銚子塚古墳と周囲の環境は大きく違います。それでも国指定の史跡であればこそ、現在まで保存できたのかもしれません。それに河原石による葺石が動画で紹介するようによく残っています。築造当時の6C中頃は今のような木立が並び立ってはいなかったわけですから、石の塊のような墳丘が人々の目を奪ったに違いありません。紹介した三つの古墳は前橋大島駅から前橋駅(その逆ルートでも)に至るコースにあります。アップダウンはほとんどなく楽に歩けます(撮影2015年4月25日)。


前橋(天川)二子山古墳データ

所在地 群馬県前橋市文京町

形状 前方後円墳

築造時期 6C中頃

規模 墳長 104m 後円部72m 高さ11m 前方部76m 高さ9.5m

出土品 人物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 周堀あり


PNG maebashifutakoyama zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

笹薮に揺らぐ大型前方後円墳
 1981
年、上越新幹線建設予定地の群馬町大字三ツ寺から発掘された古墳時代の豪族の館跡。そう三ツ寺Ⅰ遺跡です。その主が眠っているとされるのが今回紹介する保渡田古墳群を構成する三つの前方後円墳の一つ二子山古墳です。三ツ寺I遺跡とは1kmほどしか離れていません。三ツ寺遺跡は新幹線と県道に分断されて、当時の様子をうかがい知ることはできませんが、こちら保渡田古墳群は違います。西光寺と墓地があり墳丘が大きく削平されている薬師塚古墳は別にして、二子山古墳と八幡塚古墳は見事に復原されています。二つの古墳ともに中島と呼ばれる祭式が行われたとされる造り出しのようなものがあります。珍しいと思います。造り出しと違い動画でおわかりのように島そのものです。

C後半に二子山が築かれ、ついで八幡塚、そして薬師塚の順で造られたと考えられているそうです。いずれも墳長は100mを超える巨大古墳です。二子山古墳は三段築成、復原された墳丘は笹薮ですが、実際には葺石が葺かれていて、円筒埴輪が立ち並んでいました。

アクセスはJR高崎駅から市内循環 ぐるりんバスでかみつけの里博物館前下車。本数は少なく、2時間に1本程度です。少々不便です(撮影2015年2月14日)

 PNG futagoyama zu

二子山古墳(保渡田古墳群)基本データ

所在地 群馬県高崎市

形状 前方後円墳

規模 墳長111m、後円部径74m高さ8m、前方部幅71m 高さ6m(資料により異なる)

三段築成、葺石、二重周濠

築造時期 5C

出土品 円筒、人物等形象埴輪

史跡指定 保渡田古墳群として国指定

特記事項 周濠に四つの中島がある



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

自然保存の成功例
 今回は東日本最大の前方後方墳、前橋八幡山を紹介します。墳長は130m、4C前半の築造といわれています。全体として東国には前方後方墳が多く、ある時期から前方後円墳の数も増えるようなのですが、白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)の次の記述が印象的です。「三世紀後半から四世紀前半の時期では、西日本が基本的には前方後円墳の世界であったのにたいし、東日本は前方後方墳の世界であったということになろう」(東国の古墳と古代史、10頁、学生社、2007年)。その理由ですが白石さんは、魏志倭人伝のいう邪馬台国が戦った狗奴国を前方後方墳が多数ある濃尾平野の地と考え、東国は三世紀前半にその狗奴国連合に加わり、ついで卑弥呼の死後三世紀以降にヤマトを中心とする倭国連合に加わったとみています。そして、連合内での身分秩序に応じて様々な古墳造りがはじまり、後からこの連合に加わった東日本の首長らに与えられた墳丘形式が前方後方墳であったと思われるというのです(この辺りは前掲書、第Ⅱ部 関東の古墳を考える に詳しいです)。前橋八幡山古墳をそうした位置づけで見るとまた、墳丘を見る目も違ってくるような気がします。
アクセスは前橋大島駅から徒歩で10分ほど、大きな公園になっているので、わかりやすいです。ただし、動画1の裏側、つまり東側は野球場になっていて古墳と共存しています(撮影2015年4月25日)。
PNG maebashihachimanyama zu





前橋八幡山古墳データ

所在地 群馬県前橋市朝倉町

形状 前方後方墳

規模 墳長130m 後方部72m 高さ12m 前方部幅59m 高さ8m

築造時期 4C前半

出土品 不明 葺石あり

史跡指定 国指定

特記事項 東日本で最大の前方後方墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 幅広の周濠に佇む存在感のある前方後円墳
 今回の七興山古墳は201558日にアップした白石稲荷山古墳と同様、群馬県藤岡市の白石古墳群に属します。時期的にはこちらが新しいそうです。古墳公園として整備された七輿山古墳ですが、周囲に墳丘を遮る高い建物が見えず墳長145m以上の大きさを感じさせます。そのあたりの雰囲気が動画で伝わっているとよいのですが・・・。七興山古墳が築造されたと考えられる6Cの前半期には、畿内では継体天皇の真陵ではないかといわれている大阪府高槻市の今城塚古墳(宮内庁の治定は茨木市の太田茶臼山古墳)が造られています(いずれアップします)。

 もっとも、つい最近アップした森将軍塚古墳のように埴輪を含め復原しているわけではありません。墳丘はご覧のように桜を含めた雑木の林ですが、それでも周濠を含めた全体像はなかなかに迫力があります。敢えて桜の季節を避けましたが、それはそれで美しいことでしょう。今城塚古墳は出土した大規模な埴輪列でも有名ですが、この七興山古墳でも円筒、朝顔、馬、人物、盾等豊富な埴輪が発掘されています。             

アクセスですがJR高崎線の藤岡市からコミュニティーバスのめぐるん号で七興山古墳公園入口です。七興山古墳、復原された円墳の皇子塚などを見て、藤岡歴史館に立ち寄って最後に白石稲荷山古墳というコースがベストです。ただしコミュニティーバスの本数は少なく注意が必要です。時刻表はネットで検索できます(撮影2015年3月26日)。

PNG nanakoshiyama zu

七興山古墳データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 前方後円墳

規模 墳長145m、後円部径87m 高さ16m、前方部幅106m 高さ16m

築造時期 6C前半

出土品 円筒、朝顔、人物、馬、盾など各種埴輪、須恵器、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 円筒埴輪は径50㎝、高さ1mの大型品



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ