古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 群馬県

開口部の重厚さが特に印象的な石室
 群馬県には前橋市の宝塔山古墳(クリック)、高崎市の八幡観音塚古墳(クリック)など立派な石室をもった古墳が目白押しですね。今回の北山古墳ははるかに小ぶりではあるものの、なかなか見応えがあります。何より、開口部羨門のまるでサイコロのような左右の大型石と天井石。ずしり、どっしり、どちらでもよいのですが、半端でない重厚さを感じさせます。羨道の玄門よりは通常の3段積みの側壁です。そして玄室ですが、羨道との境の左右の袖石がこれがまた立派。玄室は側壁中ほどが左右に膨らむ胴張り型です。玄室中央より幅の狭い奥壁は、丁寧に平滑されていて凝灰岩性。加工しやすい反面、個人的な印象では重厚さに欠ける気がしていましたが、どうしてどうして。なかなかのものです。期待通りでした.。  残念なのは前方後円墳の墳丘が美しかった二ツ山1号墳(クリック)から友人の車で来たために、北山古墳のある薮塚温泉までの道中の景色が全く頭に入っていないのです。どうやら私にはやはり徒歩が向いているようです。古墳時代の人々が見たであろう景色と同じ景色を観察しながらのんびり目的の古墳まで歩く、これが一番です。もっともそんなことを言っていては数ある古墳を短期間で訪ねることは不可能ですが・・・。  北山古墳に戻りますが、薮塚温泉の裏山といった感じの山の頂きに築かれており、公園風に整備されておりわかりやすいです。墳丘は径22mの円墳です。多くのこの時期の円墳が径10m内外であることからすれば、やはりかなり大型です。墳丘に葺石があったかどうかはわかっておらず、他方、埴輪は確認されていないそうです(現地説明板)。かつては温泉街入口近くの西山古墳(未訪問)と北山古墳の間には数多くの古墳が築かれていたことがわかっており、その中では盟主墳といえるのではないでしょうか。築かれた推定時期は7C後半。ヤマト王権では中大兄皇子の権力が強固になるころのことです(撮影2020年4月16日)。 北山古墳 太田市 所在地 21年10月21日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

入室して観察したかった!


 以前から洗練された載石切組積みの石室の典型という評判の南下A 号墳。満を持して出かけたてたものの動画の冒頭の光景でおわかりのように石室は厳重に閉鎖され、立ち入りはできませんでした。何が「きけん」なのか書かれていないのでわかりませんが、東日本大震災では同じ群馬県の足利市の機神山山頂古墳の石室内が一部崩落し埋め戻されてしまっていることを思い出しました。それはともかく、格子状になった木材の間から石室を覗いてみると、評判通りのスバラシサ。玄室に至る3.25mの羨道は載石(きりいし)切組積みといわれる四角い石材を巧みに交互に積んだ側壁が、奥へどうぞという感じ。羨道の天井石の大きさも半端ではありません。残念ながら、その先にある同じ長さ(奥行)の玄室は、遠目にしか目にすることができません。それでもカメラをズームしてみると、美しい切組積みが目にはいりました。完成度は同じ群馬県の宝塔山古墳(クリック)ほどではなりませんが、何段かに分かれた奥壁の下段が印象的です。奥壁は高さ2.4mとさほど高いとはいえませんが幅も同じ2.4m。他方、羨道の高さは1.55mに対して幅は1.58mしかありませんから、玄室内に入ればそれなりの空間を感じることができたのではないでしょうか。残念の一言です。PNG 載石切組積み(イメージ図)修正版
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

再訪してわかった石室のすばらしさ!


 墳丘がそこそこ残り入室できる横穴石室が開口している前方後円墳となると、全国的にみてもごく少数です。同じく群馬県の大室古墳群の前二子古墳(クリック)、後二子古墳(クリック)や岡山県総社市のこうもり塚古墳(クリック)、広島県福山市の二子塚古墳(クリック)などが思い出されます。 このブログを開設して間もなく今回の総社二子塚古墳を紹介していますが、比較的最近、再訪したのを機会に改めてリニューアル版をアップすることにしました。前半は最初に訪問した際の未公開動画を含め墳丘の状況、動画後半では新たに撮影した石室内部の状況です。今回のほうがより鮮明に撮れているかと思います。
 この二子塚古墳は後円部と前方部にそれぞれ石室が残されており、後円部は切石積み、前方部は自然石の乱積みの両袖式と特徴が異なるそうです。残念ながら動画にもありますように、後円部の石室は鉄柵に囲まれ、しかも崩壊の危険性があるためでしょうか封鎖されています(前方後円墳に横穴石室が2室というのは、福山市の二子塚古墳もそうですが、こちらも入室可能なのは一つだけです)。前方部の石室は自然石の乱積みといっても、整然と積まれ、石材の大きさにも気配りがみられ、バランスがよいと思いました。長さ4.5mの羨道の先には長さ(奥行)4.2mの玄室が控えます。天井は高さ2.1mと高くはありませんが、持ち送りは少なくなっています。 JR上越線群馬総社駅から徒歩で10分もかかりませんし、南側には前橋市立第6中学校があります。迷うことはありません。是非、おでかけください。お時間があれば最初にアップしたものと比較してご覧ください(撮影2015年12月17日、2020年4月10日)。
旧版はこちら(クリック)です。
PNG 動画撮影位置 総社二子山古墳 21年11月26日

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ