古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 群馬県

美形の墳丘に残りのよい石室


 この日は珍しく友人の車で太田行きでした。関越自動車道経由で2時間半ほど。あっという間とはいきませんが、乗り換えもなく快適でした。ただ、以前、東武伊勢崎線の太田駅まで行き、徒歩で太田天神山古墳(クリック)など散策した時に比べると周辺の景色をじっくり眺めることができず残念でした。
 それはともかく、目指す二ッ山古墳は田んぼに囲まれてひっそりとたたずんでいました。幸い、墳丘を住宅が囲むこともなく、今のところ動画冒頭のような美しい1号墳の姿が遠くからもわかります。 県道78号のほうから西に田んぼの間の道を進むと左手に2号墳が見え、右手奥に1号墳が見えます。1号墳が北側にあり、手前に見えるのが後円部、先が前方部です。主軸が北西ということになります。墳丘裾を歩くとすぐに落葉に埋もれた石室の開口部が目に入りました。この後円部に加え前方部にも石室はあるそうですが、現在では埋もれてしまっているようです。歩きながら石室が2基の前方後円墳、どこかで見たことがあると記憶を辿ってみました。そう。群馬県前橋市の墳長90mの総社二子山古墳(クリック)でした。こちらは後円部の石室が見学できず、また、四囲住宅に囲まれているので二ツ山古墳のように遠望は効きません。
 二ツ山古墳に話を戻しましょう。墳丘にあがると前方後円墳ということがはっきりとわかる残りのよさに驚かされました。田んぼに囲まれているにもかかわらず手つかずということは、代々の土地の所有者に恵まれたということなのでしょうね。前方部幅が後円部径よりも広い典型的な後期古墳です。前方部端まで進むと高さ5mということが実感できます。現在でもかなり斜面は急です。この斜面には葺石が葺かれ、2段築成の裾には円筒埴輪がまわっていたそうです。 
 肝心の後円部石室ですが、ご覧のように狭小でした。閉所恐怖症の人には難しいかもしれません。ただ、開口部が狭いのは土砂ではなく落葉の堆積なので、びっくりするほど難儀という感じではありませんでした。そして、羨道と思われる個所を匍匐前進で進むと一気に空間が広がりました。天井高が2.1mですから巨大というわけではありませんが、這いつくばってきた者からする「とほーっ」といった感じです。やや天井に向かって側壁が内傾化する持ち送りがみられます。使われている石材は無骨で荒々しく、自然の味わいです。他方、鏡石だけは一応滑らかにする作業の跡がみられました。また、興味深いことに開口部前に円筒埴輪が四角く並べてあったことが確認されており、前庭部的役割を果たしていたのではないかとみられています(太田市の古墳、太田市教育委員会、2010)。後期から終末期にかけての古墳石室にみられ、前橋市の宝塔山古墳(クリック)が代表的です。二ツ山古墳は副葬品も豊富で太刀、馬具、武具、金環等が確認されています。この墳丘の立派さ、大型の石室、豊富な副葬品等を考えると、東毛地区(群馬県の南東部で桐生市、太田市、館林市が中心)で飛びぬけて力のあった豪族の墓ということになります(撮影2020年4月16日)。動画撮影位置二ツ山古墳(太田市)21年6月2日作成
PNG 二ツ山古墳(太田市)所在地 21年6月2日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

二ツ山古墳1号墳とセットでみたい2号墳


 遠くからの姿がなかなか魅力的な二ツ山古墳1号墳(クリック)の道を挟んだ南側に今回の2号墳はあります。珍しく友人の車で行ったために県道78号から古墳に近づくとまず目に入るのが2号墳でした。ちょうどくびれの辺りに駐車場があり説明板が立っていました。つまり、2号墳の遠景をみることはなく、いきなり墳丘です。墳丘にあがってみると、思ったよりも残りはよくいい感じです。墳丘の南側は田んぼ。田んぼに降りれば南側から墳丘全体像が眺められそうです。降りてみました。動画の真ん中あたりがその光景です。  
 もっとも残念なのは1号墳とほぼ同じ全長6m強の横穴石室が確認されていますが、太田市HPによれば、現在ではほとんど埋まっていて「中に入ることはできません」とのこと。残念ですが、やむを得ません。石室の場所もわかりませんでした。たしかに、1号墳の石室開口部も落葉が積もっていて、かき分けての入室でした。墳丘を高さ3mの前方部から歩いてみると6mの後円部は、さほど大きくはみえません。長い年月の間に封土はかなり流失したのでしょう。墳丘全体は川原石によって葺かれ、円筒埴輪がまわっていたことが確認されています。1号墳と同じ6C後半に築かれたとみられています(撮影2020年4月18日)。 PNG 二ツ山古墳2号墳 動画撮影位置
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

八角墳とはこういう墳丘だったとわかる貴重な古墳 


 天武・持統天皇陵が代表的ですが7C後半から8C初めの天皇陵に用いられた墳丘の形式に八角形墳(以下八角墳)があります。舒明天皇陵(段の塚古墳)(クリック)、皇極天皇(重祚して斉明天皇)の牽牛子(けんごし)塚、天智天皇の御廟野古墳、文武天皇の中尾山古墳(クリック)はいずれも八角墳とみられています。中には最下段だけ方墳のものもあります・  他方、八角墳自身はそれ以前からあり、このブログでもいくつか紹介しています。いずれも、首長墓と考えられています。今回の群馬県吉岡町の三津屋古墳(7C後半)もその一つです。山梨県笛吹市の経塚古墳(7C前半)(クリック)、兵庫県宝塚市の中山荘園古墳(7C央)(クリック)、群馬県藤岡市の伊勢塚古墳(6C前半)(クリック)を紹介しています。築造時期をみるとその多くが7C半ばまでに入ります。7C後半からは天皇陵の墳丘にしか八角墳は認められなくなったということなのでしょうか。  
 三津屋古墳に戻ります。赤城山を北に、榛名山を西に仰ぐ利根川沿いに広がる吉岡町に築かれた八角墳。南下古墳群から迷ったこともあり徒歩で1時間ほどかかりましたが、見事に復元された葺石が貼られた墳丘を見て疲れが吹き飛びました。これまで見た八角墳もなかなかのもので、特に伊勢塚古墳は石室の造られ方の美しさに感動を覚えましたが、八角墳という墳丘の形式というと、たしかに言われてみればというような曖昧な部分がありました。ところが、三津屋古墳は詳細な発掘調査に基づき、八角墳が葺石を含め正確に復元され、設計に用いられたのは唐尺(一尺約30㎝)ということもわかっています(三津屋古墳パンフレット、吉岡町教育委員会)。  北に開口する石室も復元され、発掘調査時に残されていた石材だけを用いて、全壊状態に近い当時の様子をみることができます。ちょうど、奥壁が八角形の中心になるように設計されているそうです。予備知識がないと見学用の扉をあけると奥に広がる茶色の壁を、これが石室なんだと勘違いしてしまうかもしれません。実は動画の終わりのほうで説明しているように、これは墳丘の盛土を固めるにあたって用いられた技法、版築の断面なのです。10㎝から15㎝の厚さで固めている様子がわかりなかなかのものです。残念ながら盗掘にあっていて何も残っていません。群馬総社駅から歩いても30分程度です。県道15号線沿いに看板が出ています。 PNG 三津屋古墳(吉岡町)21年8月10日作成

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

この石工(いしく)の技術力にも驚かされます  
 上州の空っ風とはこういうことを言うのかと思いながら白石稲荷山古墳(リニューアル版)(クリック)から喜蔵塚古墳を目指しました。暮れとあって県道137号はひっきりなしに車が行き交い、北寄りの風が土ぼこりをあげて行く手を遮ります。1㎞ほどですが、ずいぶんと長く感じました。  肝心の古墳ですが、とても清々しい気持ちになりました。田村墓と呼ばれてきたように、個人のお宅の敷地内にあって、保存されてきた古墳です。google mapにも出てくるぐらいですから、訪ねる人も少なくありません。当日、誤って隣家の方に、古墳見学のお声がけをしたところ、お隣さんなんですよねと言いながら、所有者のお宅に案内してくださいました。耳の遠いおばあちゃんが、どうぞごゆっくり、古墳はそこにありますからと敷地の端の墳丘らしき土盛をステッキで指してくれました。  データをみると一辺20m高さ4mほどの方墳とありますが円墳という説もあるようです。羨道前の開口部をみると、これはひょっとして最近補強されたものではないかと疑ったほど、天井の板石が、これこそ板石といった感じで置かれています(藤岡市文化財担当の方によれば、石と石の間の充填剤以外はオリジナルとのことでした)。高さがあるので楽々入室。目が慣れてくるとヘッドランプの先には、額縁状の囲みが、そしてその先には奥壁がみえました。石材は凝灰岩だそうですが、きれいに加工されています。少々残念なのは石材と石材の間に充填剤が埋め込まれていることです。使用されている石材は花崗岩、そしてスケールも一回り以上異なりますが、大佐山白石塚古墳(クリック)と共通しているところがあります。  長く見えた羨道は約4m、幅は1.3m、高さは1.6mです。玄室と羨道の境、玄門の床には梱石が置かれ、控え目に立つ袖石から先が長さ2.5m、幅1.5m、高さ1.8mの玄室です。玄室幅のほうが羨道幅より大きいので、両袖式ということになります。奥壁は大きな鏡石の上に横長の石材を積んでいますが、見事です。7C後半の築造と推定されていますから、飛鳥村の岩屋山古墳(クリック)よりも同じか、後に築かれたことになります。古墳時代が過ぎ半世紀近く権力を古い続けた蘇我入鹿が中大兄皇子らによって暗殺された乙巳の変の頃ということになります。中央が政変のさなかにあって、喜蔵塚古墳の被葬者をはじめ東国の権力者はどのようなおもいだったのでしょうか。アクセスは白石稲荷山古墳をご覧ください(撮影2019年12月27日)。
PNG 喜蔵塚古墳所在地 21年10月7日作成

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ