古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 栃木県

横穴石室も見れる巨大円墳 
今回の車塚古墳 どでかいとしか言いようのない円墳です。埼玉県行田市のさきたま古墳群の径105m丸墓山古墳につぐ規模で径82mを誇ります。ただ、動画1の頭に映っているように周濠がまわり堤が残されているのでずっと大きく見えます。いつものことですがなぜこれほど巨大な墳丘を持つ構築物を造ったのだろう思ってしまいます。

道を挟んだ西隣の牛塚古墳丸塚古墳愛宕塚古墳とともに黒川沿いに築かれた壬生古墳群に属し、最も遅く終末期の7C前半に築かれたと考えられています。墳丘に登ることができるので、下野地域独特の段築一段目のテラス(平坦面)が広い状況がよくわかりますし、残された葺石も確認できます。急な斜面を登り、上から見下ろすと、習濠と堤の様子が一望できます。

 肝心の石室ですが、墳丘の規模に比して小さい感じがします。長さ約3mの玄室は高さが2.3mしかありません。畿内を中心に広がる後期の羨道を通過して玄室に入った際の空間の広がりに慣れてきた私にとってはやや意外な感じがしました。もっともこれは素人の単なる感想で終末期の古墳は総社古墳群の蛇穴古墳の石室もはじめ天井は低いのですね。凝灰岩の一枚の板石を使った玄室は朱がよく残っています。なお当日は調査は休みでしたが、立ち入りは許可を壬生町歴史民俗資料館で頂きました。アクセスですが東武宇都宮線壬生駅駅に近くの壬生城内にある歴史民俗資料館に寄り、午前中は駅を挟んで今回の牛塚古墳や車塚古墳のある北側、午後は丸塚古墳、吾妻古墳等がある南側を歩きました。(撮影20151112日)。


車塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 円墳 三段築成 葺石あり 横穴石室

規模 径82m 高さ11m(周濠底から11m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 壬生古墳群として国指定

特記事項 横穴石室規模 玄室は長さ3m、幅2.8m、高さ2.3m 奥壁 天井 横壁ともに

一枚板石 埴輪はない



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

幅の広い段築が美しい栃木最大の前方後円墳

 思川沿いを琵琶塚、摩利支天の二つの100m級の前方後円墳から北に2㎞ほどあがったところに今回の吾妻古墳、墳長127mの前方後円墳はあります。現在古墳のある地域は県の工業団地が広がり大型のトラックが絶え間なく行きかい、こんなところに古墳があるのか訝しく思ってしまいました。しかし歩いてきた県道18号線の吾妻古墳への道標は間違いなく工業団地内を示しています。300mほど東に歩くと漸くこんもりした緑の森が見えてきました。ダンプカーに道を譲りながら古墳が保存されている敷地に入ると、そこは全くのの別世界 動画1の世界が広がっていました。感動です(古墳の目の前の工業団地の一部が動画4の最後に出てきます)。

 墳丘は個人的にとても好きな段築の1段目が広い下野地域に多いタイプの前方後円墳です。テラス部分が広いので実際よりも大きく見え、しかも周濠が廻っていますから大変なスケール感です。他方、同じ地域でも冒頭で触れた琵琶塚古墳摩利支天古墳は墳長では大きくは違いませんが幅の広い段築は設けられておらずだいぶ印象が違います。工人が異なるのでしょうか。吾妻古墳の墳丘は後期古墳にもかかわらず畿内のそれとは違い前方部の発達はさほど見られません。ただ埋葬施設は動画2の最後と動画3冒頭にあるように前方部端に南を向いて設けられていたようです。玄室は長さ2.4m1.7m高さ2.0m6mほどの羨道がついていました。残念ながら調査後に埋め戻されていますが説明版によれば桂甲の小札(こざね)、銀装の刀子、金銅製の帯金具、ガラス玉など下毛野国の王に相応しい遺物が出土しているようです。

 墳丘の美しさに惹かれ二度季節を変えて訪れましたが枯草と立ちはだかる木々は変わりなく少々残念でした。県内最大の前方後円墳なのですからもう少し整備されてもよいのではと思いました(撮影20151112日、20161218日)。動画撮影位置の図は暫くお待ちください。代わりに現地説明版にあった測量図を載せました。



PNG sokuryouzu azumakofun

吾妻古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 前方後円墳

規模 墳長127m 117m(以下日本古墳大辞典)

後円部径44m 高さ8m、前方部幅42.2m 高さ 7.2m

2段築成 

築造時期 6C

出土品 桂甲の小札(こざね)、銀装の刀子、金銅製の帯金具、ガラス玉、円筒埴輪、家形、朝顔、盾等形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 従来の墳長117mでは県内第一位ではなかったが平成22年度までの発掘調査で127m超と確定した。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

チャートを使った見応えのある石室

  今回の足利公園3号墳についてはほとんど情報がありません。いつものように市のHPの文化財にアクセスし見つけた古墳です。とはいえ考古学の専門家の間では知られた古墳のようです。現地説明版によれば日本の考古学の先駆者坪井正五郎(迂闊にも知らなかった)がはじめて本格的な調査を行った古墳なのだそうです。しかも足利公園も明治13年の開園という長い歴史を持ちます。だからでしょうか公園の名称がついた古墳はそれほど多くはないなか3号墳とつけられています。調べていくうちに足利市には1300基以上の古墳があって栃木県内で最も多く古墳が造られた地域ということがわかりました。なるほど地図を見ると古墳が造られた地域は市の中央を流れる渡良瀬川の北側になり、古墳の立地としては最適だということがわかりました。

  残存する9基のうちの市の史跡指定を受けたのは3基。そのうち1基の3号墳ですが丘陵に渡良瀬川を見下ろすように造られた墳長34m2段築成の小さな前方後円墳です。6C後半に造られたと考えられているだけに墳丘前方部は発達し幅は24mと後円部径と同じです。しかしなんといっても3号墳で見逃せないのは横穴石室が完存していることでしょう。崩落の危険性があるとのことで入室はかないませんでしたが長さ3.3m 幅1.8m 高さ2.1mの玄室はやや持ち送られチャート(山石)で造られています。流れによって丸くなった川原石を用いた積み上げられた石室に比べシャープな印象を受けたのですが皆さんはどう感じられたでしょう。直刀、鉄鏃、冑等武具、金銅製杏葉(ぎょうよう、装身具)馬具、須恵器などが副葬されていました。アクセスは東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分。北側を流れる渡良瀬川を渡り県道67号線を西に歩き4つ目の信号を過ぎて県道40号との交差点を北にあがると公園です(撮影2019112日)。


PNG ashikaga kouen 3goufun



足利公園3号墳基本データ

所在地 栃木県足利市

形状 前方後円墳

規模 墳長34m、後円部径24m 高さ6m、前方部幅24m

横穴石室規模 長さ7.9m 玄室長3.3m 幅1.8m 高さ2.1m

2段築成

築造時期 6C後

出土品 直刀、鉄鏃、冑等武具、金銅製杏葉(ぎょうよう、装身具)馬具、須恵器

史跡指定 足利市

特記事項 日本ではじめて人類学者坪井正五郎により本格的な調査が行われた古墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室内部の造られ方が異なる2基の円墳


  今回の足利公園古墳の2基の円墳1号と5号もすでに紹介した3号(クリック)同様ほとんど情報がありません。現地説明版によれば日本の考古学の先駆者坪井正五郎(迂闊にも知らなかった)がはじめて本格的な調査を行った古墳だそうですが、調べていくうちに足利市には1300基以上の古墳があって栃木県内で最も多く古墳が造られた地域ということがわかりました。なるほどgoogle map を見ると今回の足利公園古墳は渡良瀬川の北側の丘にあたり古墳の立地としては最適だということがわかります。 足利公園古墳として残存する9基のうちの市の史跡指定を受けたのは3基。そのうちの1基が1号墳です(5号墳は指定外)。1号墳、5号墳ともに既にアップした3号墳から至近の距離にあります。1号墳は奥壁がチャート、側壁が川原石の対比が見事です。他方、5号墳はやや粗雑というか、全体がチャートで造られところどころ川原石がはめ込まれています。2基とも3号墳とは違い、中に入ることができました。各種玉、鉄刀、鉄鏃、金銀環、人骨1体。施錠されている石室の見学は事前に教育委員会に連絡が必要です。アクセスは東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分。北側を流れる渡良瀬川を渡り県道67号線を西に歩き4つ目の信号を過ぎて県道40号との交差点を北にあがると公園です(撮影2019年1月12日)。PNG ashikagakouenkofun ichikankei shuseiban
PNG 足利公園古墳群(修正版)21年4月6日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ