古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

カテゴリ: 福島県

  前方後円墳が全国で5000基程度といわれる中で今回紹介する大安場古墳を含め前方後方墳は圧倒的に少なく約200数十基を数えるにすぎないようです。その割にはこのブログでアップした前方後方墳は多いかもしれません。西山古墳(奈良)、稲荷前16号(神奈川)、秋葉山4号(神奈川)がそうですし、これからアップする予定のなかにも畿内以外の東日本、東海を中心に前方後方墳がいくつかあります。残念ながら詳細な発掘調査が行われたあと取り壊しが決まった沼津市の高尾山古墳(日経新聞、527日に詳しい)もそうです。その記事のなかで桜井市纏向学研究センターの所長寺沢薫さんが次のようなわかりやすい説明をしています。「古墳にはしっかりした規格が存在する。ヤマト王権との政治関係を知りうる資料で、前方後円墳と前方後方墳の関係は徳川幕府の譜代大名と外様大名のようなもの。その意味で東日本に前方後方墳が多いのは当然」 


 今回の前方後方墳、大安場古墳は郡山市を流れる阿武隈川を支配していた豪族のものだといわれ、墳長83mは東北最大です。標高250mの丘陵を平地からみると、巨大な墳丘が否が応でも目に入ります。さぞかし有力者だったのでしょう。外様であっても(であるからこそ)ヤマト王権との関係を残したかったのかもしれません。王権からの贈られたとされる腕輪形の石製品「石釧(いしくしろ)」が、大刀や剣などの武器、鉄斧や鎌などの農耕具とともに副葬されていました。


 史跡公園としての整備状況は驚くほど丁寧で、入場無料のガイダンス施設も展示内容が充実しています。
アクセスは郡山駅バス乗り場2番ポールから東山霊園、馬場行きなどで金屋下車。バスの進行方向に進み一つ目の信号を左折すると正面に墳丘がみえます。徒歩で10分ほど。バスは2時間に一本ほど。

PNG ooyasuba zu



大安場古墳データ

所在地 福島県郡山市田村町

形状 前方後方墳

規模 墳長 83m 後方部 一辺53m高さ10m 前方部幅 44m 

高さ5.3m

築造時期 4C後(古墳時代前期)

出土品  緑色凝灰岩製腕輪形石製品、大刀、剣、槍、鎌、板状鉄斧等

史跡指定 国指定

特記事項 後方部に動画でわかるように9.2mの割竹形木棺が埋められていた。
東北では最大規模の前方後方墳


PNG ooyasuba zu

今回は福島県会津若松市の前方後円墳、会津大塚山古墳を紹介します。古墳時代前期から中期に変わる頃、4C後半に築造されたと考えられています。明治新政府と戦い敗れた会津藩ですが、古墳時代の会津はヤマト王権と極めて良好な関係を築いていたようで、それは本古墳からヤマト王権から下賜されたと考えられる三角縁神獣鏡はじめ多数の副葬品が出土したことからも明らかといわれています。

郡山から山越えの後、猪苗代湖を左手に見ながら会津に向う磐越西線の車窓の向こうに、その昔、ヤマト王権と緊密な関係を有する豪族がいたとは。どのようなルートを辿ってヤマトと交流が行われていたのか興味はつきません。

東北の古墳のなかでは極めて重要な位置を占める会津大塚山古墳ですが、残念ながら古墳の全体像は大塚山の森に遮られまったく見ることができません。今では森林と現代のお墓が山を埋め尽くしています。代わりに紅葉の美しさを味わって頂ければと思います。動画ですので、よくみると落ち葉の舞い散る様子も確認できます。なお重要文化財に指定されている三角縁神獣鏡はじめ出土した副葬品は市内の福島県立博物館で見ることができます。

アクセスは大塚山直行のバスはないので、会津若松駅前からコミュニティバスのあかべぇ、ハイカラさんを利用して近くまで行くことをおすすめします。駅の観光案内所で大塚山霊園に行きたいというのがよいでしょう。

PNG aizuootsukayama zu

会津大塚山古墳データ

所在地 福島県会津若松市一箕町

形状 前方後円墳

規模 墳長 114m、後円部径70m 高さ10m、前方部幅54m 高さ6m

築造時期 4C後半

出土品 三角縁神獣鏡他鏡、勾玉、管玉などの玉類、鉄剣、刀剣、鉄鏃、紡錘車

史跡指定 国指定

特記事項 後円部三段築成、前方部二段築成、後円部から二つの割竹形木棺が
みつかり、前述したものを中心に多数の副葬品が発掘された


↑このページのトップヘ