古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 宮城県

これは必見!東北の巨大前方後円墳
 晴天に映える雷神山古墳はどのように私を迎えてくれるのだろう。ワクワクしながら歩いた期待は裏切られませんでした。動画1の前方部端側から後円部にかけて広がる墳丘は、芝がきれいに刈り取られていたこともあり鮮やかの一言でした。墳長が169m、後円部径92mとほぼ同じなのは甲斐銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)です。こちらの墳丘も美しく是非比較してご覧ください。ただ前方部幅は雷神山が96mに対して、69mとずっと狭くなります。甲斐銚子塚が造られたのは3C後半と典型的な前期古墳に該当します。雷神山古墳は前期と中期の境目に位置するだけあって前方部幅は96mと発達しています。後円部は3段、前方部は2段の筑成が施されている墳丘には一面葺石が葺かれ、壺形埴輪がめぐっていたようですが、整備にあたっては復元されていません。

また、動画キャプションでも触れているように前方部端には墓地があり墳丘自身が崩れています。植栽でカバーしているとはいえ些か残念です。京都府の長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)の墳丘も墓地があったことを思い出しました。昔の墓のために現在の墓を移すわけにはいかないのはわかりますが、現在まで墳丘がどのように人々によって扱われてきたかを知るには貴重な資料かもしれません。
   埋葬施設は発掘調査されていないために不明ですが東日本大震災の際に後円部頂の中央が1mほど陥没し埋葬施設ではないかとの指摘もあるようです。その後円部に隣接して陪塚ではないかといわれる径54mの円墳小塚古墳が築かれています。またその先、1.5㎞には雷神山古墳の被葬者に遡るこの地の支配者が葬られているともいわれる飯野坂古墳群(1)飯野坂古墳群(2)飯野坂古墳群(3)(それぞれクリックすれば飛べます)があります。こちらは中規模の前方後方墳が複数並んで築造されています。

アクセスはJR東北本線で2駅下った館腰駅前から西に200mほど歩き郵便局を見ながら右折すると左に館腰神社が見えます。その先を左折し道なりに歩くと右手に急な細い坂道が見えます。坂道を上り道なりに進むと前方部端入口説明板に到着します(撮影2015年11月5日)。
PNG raijinyama zu saishu



所在地 宮城県名取市

形状 前方後円墳

規模 墳長 169m(168m)、後円部径 96m 高さ12m、前方部幅96m 高さ6m

後円部3段、前方部2段築成、葺石あり

小塚古墳 径54m 高さ6mの円墳 

築造時期 4C末(4C後とも) 前期と中期の間

出土品 壺形埴輪(底部穿孔(せんこう)土器とよばれ底に穴があいている古墳用に製作

史跡指定 国指定

特記事項 被葬者は飯野坂古墳群との関連が指摘されている。飯野坂は前方後方墳であるのに対して雷神山は前方後円墳。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

喧騒の中に残る巨大な前方後円墳

 
 はじめて遠見塚古墳を訪れたのは古墳踏査をはじめて間もない2012年の9月のことです。まだ古墳に集中するというよりは史跡全般を闇雲に見るという状態のなかで、東日本大震災の爪痕の残る多賀城を訪れたついでに立ち寄ったのでした。今回の動画の冒頭にあるように(これは訪問三回目のもの)、国道4号線の歩道橋から見下ろした遠見塚古墳にはびっくりしました。静謐とは程遠い、長距離輸送の大型車がひっきりなしに通る国道沿いにその巨体を横たえているわけですから。保存の努力も並大抵のものではなかったのではないか。そのとおりでした。仙台市のHPによれば1947年駐留米軍の霞目飛行場拡張工事により後円部の北側半分が削られ、さらに仙台バイパスの計画路線に入る等破壊の危機にさらされたものの、1968年の国の史跡に指定され保存整備が図られたのだそうです。前方部の東端は道路のために削られています。

 肝心の墳丘はなかなか雄大です。後円部が高く、前方部が低い姿を遠くから眺めることができるからでしょうか。復元された緑一色の墳丘は築造当時の人々が見たものに近いのではないかと思いました。というのも築造時に葺石も埴輪もなかったようなのです。これだけ大型の前方後円墳なのに不思議です。少々後に造られたと考えられている墳長168mの雷神山古墳は葺石があり壺形埴輪が立ち並んでいました。ほぼ同じ頃に遠見塚古墳から南東方向に10㎞のところに築かれた雷神山古墳。二つの大型古墳の被葬者は仙台平野を支配した豪族に違いないでしょうが、二人の関係はどのようなものだったのでしょう。気になります。アクセスはJR仙台駅から仙台市営バスで遠見塚小学校前下車。以前はあった直行のバスがなくなっていますが、近くのバス停からでも十分歩けます。詳細はご自身でお調べください(撮影、2017421日)。PNG toumizuka zu noteban

遠見塚古墳基本データ

所在地 宮城県仙台市若林区遠見塚

規模 墳長110m 後円部径63m 高さ6.5m、前方部幅37m 高さ2.5m

後円部二段築成、習濠あり(不均等)、葺石なし、埴輪なし

築造時期 4C

出土品 玉、櫛

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂の埋葬施設には竪穴墓壙が設けられ二基の割竹形木棺(推定)が粘土郭に包まれ置かれていたらしい

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ