なぜこの狭い地域に巨石墳が3基も?


  お気づきの方もおられると思います。数か月前に誤って角塚古墳として紹介したものです。今回、動画も再編集しました。 瀬戸内海を望む(といっても約2㎞西)標高30mの地、それも300m四方程度の広さのところに3基の巨石墳が古墳時代後期、終末期の100年余りの間に築かれています。大野原3大巨石墳として知られ2015年には国の史跡になりました。確かにびっくりする大きさです。6C後半に石室長さ14.8m(椀貸塚古墳)、7C初めに今回の13.2m(平塚古墳)、そして7C前半に12.5mの角塚古墳と半端ではない大きさです。少々離れた母神山に母神鑵子塚(はがみかんすづか)古墳(クリック)が同じ頃に築かれていますが、それでも石室長は9.82mでした。残念ながら椀貸塚古墳は入室が禁止だそうで、残る2基を観音寺市の文化財課に申請して開錠していただきました。今回はそのうち平塚古墳です。  
 現状は緑に覆われていますが、説明板によれば、ピラミッドのような形だったということです。築成はわかりませんが2段目あたりに南を向いて石室が開口していました。かなり錆びついた鉄製のパイプの扉の向こうには思ったよりも背の低い羨道が広がっていました。データには1.8mとありましたが、とてもそれほどの高さはなく、屈んで入室しましたが あちらこちらに補強用パイプがあり視界を遮ります。それでも長い羨道は大型の自然石が整然と積まれている様子がわかり、玄室との境には一段下がった状態でまぐさ石が迎えてくれました。あまり幅の広くない(羨道幅よりも30㎝広い2.5m)玄室に足を踏み入れると暗闇のなかに奥壁が浮かびあがります。さほど高くない天井(2.4m)は平らでもち送りはほとんどなく長方形の箱型の印象です。いわゆる畿内型の石室です。
 ただ、3基がすべて畿内型とは言えないようで、最初の巨石墳、椀貸塚古墳は複室構造の胴張りだそうです(広瀬和雄、前方後円墳とはなにか、中公叢書、2019年)。とはいえ、突如、それまでなかったような大型の石材を用いた石室を、径38m(椀貸塚)、径50m(平塚)の大型円墳、38m×42mの大型方墳に造ったということは、これらが在地の恣意で造られたものではなく中央政権(ヤマト王権)の意思によるものと広瀬さんはみています。  最後に、せっかく開錠して頂いて申し訳ないですが、石室内の鉄製のパイプは代替策がないものなのか考えてしまいました。現在の技術では文化財を傷つけず、見栄えもよい保存整備の在り方があるに違いありません(撮影2020年2月4日)。 PNG 大野原古墳群(観音寺市)(YU用)21年3月6日