中型の石材を使った玄室奥壁が見事!


 近鉄生駒線の竜田川駅から東に1㎞ほど。矢田丘陵の山腹にある春日神社の境内の裏山、頂上には椿井城が築かれているその麓に宮裏山古墳はあります。径15mの円墳で造られたのは6C後半と推定されています。不思議なのはちょうど、春日神社の本殿に向かう階段(動画の冒頭)を登り切った左には、宮裏山古墳よりも100年以上も前の5C後半、畿内における導入期の横穴石室、ドーム型の石室で知られる宮山塚古墳(クリック)が造られていることです。そこからわずか数百メートル北に上ったところに100年余りの空白期間を経て今回の宮裏山古墳は築かれました。 ここからは動画冒頭にあるように眼下に現在の平群町を望み、その向こうには生駒の山脈が続きます。被葬者一族がこの地を奥津城に選んだ理由がよくわかります。  
 肝心の古墳ですが、墳丘はかなり封土の流失があることがわかり痩せています。そのせいもあってか全長8.3mの石室の羨道には土砂がたまり、落ちた天井板が行く手を遮ります。当然のことながら新聞紙(ブルーシートは滑るのでお勧めしません)を広げ匍匐前進ですが、長いので大変でした。ただ、途中天井石が落下しているので明るいのはご覧のとおりです。 途中から見える玄室に惹かれて先を急ぎます。見れば奥壁が中型の石材を使ってパズル状に組み合わされ、なかなか魅力的です。羨道の天井が低かったこともあり、玄室の空間の広がりにほっとさせられました。中型の石材の組合せの奥壁は大型の一枚の板石を使う前の段階なのかなと思いました。あまり持ち送りのない長方形の空間です。畿内型と呼ばれるものです。そして、奥壁に立って羨道方向を眺めると、玄室幅よりも羨道幅のほうがはるかに狭い両袖式の石室であることがわかりました。ただ持ち送りは、さきほどあまり見られないと書きましたが、羨道近くのほうは急な持ち送りとなっていました。そして、袖石は羨道と同様に2段積みになっていて、大型の石材が調達できなかったのだろうかと考えてしまいました。期待以上の優れものの石室でした(撮影2018年3月7日)。
PNG 宮裏山古墳石室イメージ図(平群町)21年6月27日作成
PNG 平群町と生駒山地 矢田丘陵 21年6月19日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村