国富町の皆様の古墳ですが


 国の史跡といっても色々です。本庄古墳群(1)で紹介したように、このブログでみてきた墳丘の残りのよい古墳群とはかなり違います。多くは街道筋に造られたこともあり、人の手が加えられ、墳丘は築造時とはかなり違っています。国富町第5次総合計画で詳しく紹介されていますが、数回にわたり全古墳を調査した記録からもそのことはわかります。調査の背景にはこれ以上の古墳の破壊を食い止めようという意図があったと思いますが、国富町の方々には申し訳ないのですが、時既に遅しと考えるのは私だけでしょうか。中途半端に残すのであれば削平したほうがよいのではないかと思ったりもします(史跡指定されているので墳丘自体は触れられないことはわかっていますが)。他方、比較的残りのよい前方後円墳が、開発の波に押され、新築住宅に囲まれてしまう事態だけは避けるというような配慮が必要ではないでしょうか。部外者の勝手な感想です。本庄古墳群(1)クリック)と合わせて
ご覧ください(撮影2020年11月19日)。PNG 本庄古墳群主要古墳 21年6月12日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村