典型的な前方後円墳として復元された美形の墳丘
 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。 塚原古墳群1の冒頭にそのように書きましたが、今回は2基ある前方後円墳から琵琶塚古墳です。先に奥にある花見塚古墳に寄ったために全体に扁平な印象をもつ琵琶塚古墳の墳丘はあまり印象に残っていませんでしたが、今回、データなどを確認して改めて見直してみたところ、なかなかに美形な古墳ということがわかりました。それもそのはず、墳丘の大半は残っておらず、調査の結果、残存部分は長さ28m、後円部径17m、高さ4.4m、前方部幅2mということがわかったそうです。それをもとに復元したのが現在の姿です。ちょうど草刈り直後ということもあり本来の姿を想像できるに十分な前方後円墳の典型的な姿という印象でした。それにしても墳頂からみえる数々の墳丘はなかなかのものです(撮影2019年10月24日)。
PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村