関東では珍しい遠くから確認できる大型前方後円墳


 前方後円墳の築造は全国的に見れば、6C後半の墳長310mの五条野丸山古墳(奈良県橿原市)をピークに急速に減退しますが、東国は例外で6Cいっぱい大小を問わず盛んに造られます。その理由はヤマト王権が東国を経済、産業、兵士など人的供給源として重視したためと考えられているようです。それらのうち群馬県の大室古墳群、保渡田古墳群など狭い範囲に古墳が集中し公園として整備されたものもありますが、今回の内裏塚古墳群のように民間所有の100m級の前方後円墳が広域に点在しているところもあります。まだ住宅がそれほど建て込んでおらず、稲荷山古墳のように墳丘を遠くから眺めることができるものもあります。ただ、動画冒頭のような光景がいつまで見れるかは保証の限りではありません 今回紹介する稲荷山古墳は後半に登場する九条塚古墳の半世紀後、6C後半の築造で墳長は106m、後円部径47m 高さ6m、前方部幅は73m 高さ6.6mと前方部の発達が著しい後期によくみられる前方後円墳の特徴を備えています。その様子は雑木林の生い茂るこんもりとした山にしか見えない現状からも想像ができます。墳丘の周囲の光景からおわかりのように幅の広い周濠が残り、調査によれば歩いた外側にも周濠、つまり二重の周濠がまわっていたようで全体で202m、6C後半としては東日本最大だったそうです。横穴石室も確認されています。他方、墳長103mの九条塚古墳は後円部径57m、前方部幅74m。高さは前方部が7.9mで後円部より1m高くなっています。周濠で農作業中の女性に、墳丘は落葉だらけで何もないよといわれながらも後円部頂上まで登ってみました。交通量の多い県道の喧騒が嘘のような静寂さを感じられる墳丘でしたが、稲荷山古墳と同様に墳丘全体は雑木林に覆われ、前方後円墳を体感することは難しいです。藪の伐採など地権者の意向もあるとは思いますが、所管の富津市の努力に期待したいと思います。明治末期の1910年に調査され、長さ9.5mの横穴石室から人骨、直刀、鉄鏃等武具類、金銅製馬具、玉類が出土しているそうです。アクセスはJR内房線青堀駅から紹介した2基は徒歩30分圏内。本数は少ないですがバスもあります。富津市のHPに内裏塚古墳群マップがあり、ルートが記載されています(撮影2020年11月9日)。
PNG 内山古墳と九条塚古墳 富津市


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村