古墳墳丘の基本4類型
 前方後円墳、前方部の短い帆立貝形前方後円墳、前方後方墳、円墳、方墳の4つの基本形に上円下方墳と八角墳を加えてみました。改めて見返してみると、なるほどという感じです。それぞれの古墳についてさらに見たい方は、最初にアップした頁でご覧ください。古墳名をクリックすれば飛べます。

三昧塚古墳(茨城、行方市)
五色塚古墳(兵庫、神戸市)
野毛大塚古墳(東京、世田谷区)
大安場古墳(福島、郡山市)
新沢千塚古墳群(奈良、橿原市)
丸墓山古墳(埼玉、行田市)
天乞山古墳(滋賀、東近江市)
五條猫塚古墳(奈良、五條市)
府中熊野神社古墳(東京、府中市)
経塚古墳(山梨、笛吹市)

古墳の埋葬施設

 古墳の埋葬施設は前期から中期にかけては多くは後円部(後方部)に設けられた竪穴石室でしたが、中期になると北九州にはじまる横穴石室が後期にかけて全国的に主流となります。古墳時代の終末期となる飛鳥時代には 特殊な埋葬施設が登場します。それらについて紹介しています。
さらに詳しくご覧になりたい方は古墳名をクリックすれば飛べます。

高松茶臼山古墳(香川、高松市)
愛宕塚古墳(大阪、八尾市)
田古里古墳(佐賀、太良町)
岩屋山古墳(奈良、明日香村)
観音塚古墳(大阪、羽曳野市)

番外編 開口部狭小の3基

番外編として石室内に入るのに苦労した3基をあげてみます。こうぜ1号墳は匍匐前進が可能、山代方墳は頭を上にして足から入室、赤坂天王山は匍匐前進も可能ですが自分はしゃがんだまま前進。羨道が長く真っ暗なので怖いです。おまけに石棺がヘッドランプに照らされて浮かんでくるし。恐怖


こうぜ1号墳(奈良、桜井市)
赤坂天王山古墳(奈良、桜井市)
山代方墳(島根、松江市)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村