朱で描かれた円文が確認できる複室構造の石室

この日は善院古墳群(クリックすれば飛べます)のところでも書いたように、久留米駅から田主丸方面行きのバスに乗り、まず、お目当ての装飾古墳、前畑古墳を訪れました。久大本線の北側を流れる筑後川沿いは古墳街道といってもよいほどいくつもの古墳が築かれており、装飾古墳も数多く残されています。年に春秋の2回、一斉公開の時期があるそうですが、今回はいつも見学可能な前畑古墳です。個人のお宅内ですが久留米市か福岡県が立てたのでしょうか動画1の冒頭にみる立派な石柱が迎えてくれます。お声がけをしてからというのがマナーですがどなたもおられず、道路脇に残る墳丘に近づいてみました。

 削平されていることは明らかですが説明板によれば径20m、高さ4.5mの円墳と思われるのこと。西(記憶が曖昧です)を向いて開口する石室は長さ8.5m。羨道は説明板の実測図からすると3mですが、天井板が抜けている部分を加えるともう少し長い気がします。九州の石室に多い複室構造です。ただし前室は長さ1.5mほどとかなりこぶりです。玄室との境の袖石は巨石で、入り口を狭くして玄室の広さを感じさせる視覚効果を狙っているように思いました。

 説明板によれば奥壁、側壁、前室の柱石、天井の板石に朱に塗られた同心円、円が書かれているのですが、剥落が著しく、なるほどと確認できるのは奥室(玄室)の奥壁と側壁だけでした。それでも1400年ほど前に描かれた文様が目の前にあると思うと不思議な感覚に襲われました。出土品は豪華で杏葉(ぎょうよう)等の馬具、金環、桂甲小札、刀子などが確認されており、築造時期は6C末とみられています(撮影2020220日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村