天井石が抜かれていても存在感が半端ではない塚穴山古墳石室


今回の塚穴山古墳は南隣にある墳長約190m、全国最大の前方後方墳西山古墳(クリックすれば飛べます)の前方部から墳丘を確認することをお勧めします(100mも離れていません。動画4の最後にそのショットがあります)。径60m以上の円墳の上部が削られ、西山古墳(南側)に向いた横穴石室の開口部がみえます。石室長は17mもあります。同じ6C末から7C初に築かれたとみられる石舞台古墳(クリックすれば飛べます)が19mですから、その巨大さがわかります。

 古墳は天理高校の敷地内ですが事務所に寄って見学を申し出れば親切に対応して頂けます(2度お邪魔しましたが、わかりにくいのでとい案内して頂きました)。たしかに隣の善福寺の墓地が墳丘近くまで迫る一方、高校の運動部の施設などが入り組み、わかりにくいです。墳丘が十分に残る古墳と違い、着いたところは墳丘の削平されたところ。つまり横穴石室の下半分を見下ろしたところでした(動画4)。高さは復元すると約6mになると考えられていますから約3mのところから見下ろす感じになります。天井石は抜かれているので下を見下ろすと結構な深さです。慎重に開口部に降り、巡っている幅10mほどの濠を歩き後ろを振り向くと西山古墳の巨体が木立越しに見え隠れしていました。被葬者やその関係者はこのポジションを意識したのでしょうか。開口部の窪みを歩くと突き当りに2段積みの玄室が奥壁が見えました。石舞台と同じ構造です。いやはや大きいと思いながらさらに歩を進めると仰天しました。玄室左手(奥壁からみて)の側壁の長さです。玄室と同じ7mもあります。いつもながらどうやって板石を探し運搬してきたのか思考がとまります。さて石舞台と比較されることも多いようですが、石舞台はじめ蘇我氏系の墓といわれるものの多くは方墳でこちらは円墳。この地域(布留)がライバルだった物部氏の支配下にあったことなどから、物部氏の有力者の墓ではないかとみられています。西山古墳は一面ススキで覆われているので草刈り直後がおすすめです。(撮影201836日)。


  PNG tsukaanayamakfun (tennrishi)zu
PNG tsukaanayama kofun to nishiyamakofun
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村