愛らしい復元前方後円墳

 
  今回の愛らしく復元された前方後円墳へのアクセスはとても便利です。JR湖西線比叡山坂本駅から日吉台方面行(一時間に2-3本あります)で10分ほど乗ると、そのものズバリ古墳前というバス停があります。信号の先を見ると公園とわかる立木が見えます。児童用の遊具の前に復元された前方後円墳の高峰1号墳と円墳の高峰2号墳が見えました。復元というと歴史的検証なしに古墳らしきものを造るというイメージがありますが、弥生遺跡と重なるように古墳時代の遺跡が同時に発見され、発掘調査が行われています。

 古墳と重なるように残された竪穴建物群は、高地性集落と呼ばれるもので集落のまわりに環濠が巡り、建物中からは砥石や鏃(やじり)が発見されているそうです。琵琶湖を見下ろす高地(今ではあまり高地には思えないが)に造られていることは軍事的緊張に基づくものといわれ「魏志倭人伝」にに記された倭国大乱との関係が注目されているそうです(現地説明板)。残念ながら弥生遺跡の様子は現在ではよくわかりません。

肝心の高峰1号墳は地滑りの影響をうけているものの、埴輪や葺石の存在が明らかとなり、他方、円墳の高峰2号墳は、墳頂に木棺直葬の埋葬施設が確認されています。残念ながら副葬品は出土しませんでした。なお、動画からもわかるように円墳の2号墳の先にも高まりが見え、あたかも前方後円墳かのように思えます。しかし、これは古墳ではないそうです。また近くに墳頂に石槨が残されている平石古墳(終末期、方墳)がありますが施錠されていて現在は見れず断念しました(撮影2019126日)。PNG takaminekofun (大津市)(ブログ用)
PNG takaminekofun (大津市)図

高峰古墳基本データ

所在地 滋賀県大津市日吉台

形状 前方後円墳(1号墳)、円墳(2号墳)

規模 (1号墳)墳長45m、後円部径約20m 高さ不明、前方部約15m 高さ不明

2号墳)径18m

出土品 1号墳 埴輪(形状不明)、2号墳 不明だが墳頂で木棺直葬を確認

史跡指定 なし

特記事項 本文に記したように弥生住戸と重なる複合遺跡


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村