JR山手線沿いに残る2基の前方後円墳


日常的に利用しているJR山手線の駅近くに2基の前方後円墳があるとは思いもよりませんでした。浜松町駅から徒歩10分の芝丸山古墳と上野駅から徒歩5分の摺鉢山です。ともにかなり墳丘は崩れ、特に後円部墳頂は2基とも削平されています。それでも早い時期から開発が進んだ東京で前方後円墳ということがわかる古墳が残されているとは奇跡に近いのではないでしょうか。2基ともに当時は海が間近に迫る武蔵の台地の端に造られています。芝丸山古墳は戦前戦後と2回調査が行われ、10基を超える陪塚があったことがわかっています。墳丘は後円部径64mに対して前方部幅は40mと広がらず、埴輪を伴っていたことから中期でも早い段階に築かれたとみられています。動画1でご覧のとおり掘削された墳丘西側の向こうにはホテルがそびえています。

他方、摺鉢山古墳は上野駅から徒歩5分。周辺には東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館があり、古墳は東京文化会館の真裏です。神社のあった後円部は芝丸山古墳同様削られてはいますが墳長70mと中規模の墳丘は南側からみると人工的な構築物ということがよくわかります。5C代の築造と考えられています。驚かされたのは前方部に立ち北方面にぐるっと回ってみた後円部先の光景でした。コンサートでずいぶんと通った東京文化会館の白壁。ロッテタワーを借景にした韓国ソウルの石村洞古墳(クリックすれば飛べます)を思い出しました。聞けば、この東京文化会館の下にも、東京国立博物館の敷地内にも失われた小規模な円墳があったそうです。

 東京では今回の2基よりは残りのよい多摩川台古墳群のいくつかは忘れるわけにはいきません。前期の宝來山古墳亀甲山古墳、中期の野毛大塚古墳、後期(終末期)の浅間様古墳。いずれも古墳名をクリックすれば飛べますので、是非ご覧ください(2018年2月13日、2020年1月30日。)

PNG dougasatueiichi sshibamaruyama (YU用)
PNG dougasatueiichi suribachiyama kofun zu
PNG shibamaruyama kofun chizu
PNG suribachiyama ueno chizu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村