再訪してはじめてわかった貴重な横穴石室

 古墳巡りを始めた頃、何かのきっかけで今回紹介する高井田山古墳を訪れ、曇りかけた覆屋のガラス越しに見た石室は、正直、「こんなものか」といった印象しかありませんでした。ところが、全国の古墳を歩き、入室した石室も数を重ねた今、ようやくその重要性がわかりました。

 初心者にとりわかりにくかったのは墳丘が失われ、横穴石室の玄室と羨道の一部だけ、それも下半分だけがかろうじて残り、その上に動画で見るような覆屋が被せられているからだと思います。羨道が玄室手前2mしか残されていないので(歴史資料館の資料にはそう書かれているが、現状はもっと短い気がする)まるで竪穴石室を上からみている感じがするのです。今回、改めて資料をひっくり返し、資料館にも電話して横穴石室ということを確認しました。横穴石室の築き方は様々ですが、高井田山古墳の場合、地山に深さ1mほどの墓坑を堀り玄室と羨道の壁を積み上げ天井石を架け石室を完成したあと盛土で覆ったようです。現状は残された石室下半分しか見えず、羨道の開口部も崩壊しているのでわかりにくいのです。

 石室には2基の埋葬施設があり、東側が女性、西側が男性とみられています。その理由は東棺枕元には銅鏡とひのし(当時のアイロン)が、西棺には鉄刀が置かれ、西棺の北隅には短甲が立て掛けてありました。いずれもレプリカで再現されています。そして興味深いことに、6C前半の築造といわれる武寧王の棺と同様、左右の棺ともに高野槇製ということがわかっています。武寧王陵(クリックすれば飛べます)からも、そっくりのひのしが出土し、ガラス玉が副葬されていた点も高井田山古墳と同じことがわかっています。こちらは5C後半に築かれたとみられており、石室の構造、設計など百済の当時の様式と似ていること(高井田古墳は武寧王陵と違いレンガ(塼、せん)積みではありません)、その前提となる当時の倭と百済の交流の深さを考えると武寧王の父、昆支(こんき)王夫妻の墓ではないかとの説もあるようです。仮にそうでなくとも、百済の王族クラスの墓であることは確かなようです。これの記述は柏原市のHPをもとにしていますが、この説明を頭に入れて再訪した高井田山古墳は、はじめて訪れた時とは全く違った輝きを見せていました。アクセスはJR西日本大和路線で高井田駅徒歩10分と非常にわかりやすいです。一緒に高井田横穴古墳群も見学されるとよいでしょう。動画3として武寧王陵の短縮版をアップしています(撮影2019313日)。


PNG dougasatsueiichi takaidayama kofun )
PNG takaidayama kofun sekishitsu fukugennno様子
PNG takaidayama kofun matsuokayama kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村