さすがは国の特別史跡、西都原古墳群の一基


さすがは国の特別史跡。特に重要な史跡として指定されただけあります。全国の古墳を歩き始めた早い段階で訪れた時には、こんなもんかという印象しかなかったのですが、あちらこちら歩くうちに、その特別な存在がわかるようになりました。なんといってもその魅力は数多くの古墳が築造当時の敷地を大きく変えることなく保存されていることにつきると思います。価値のある古墳であっても周辺の状況が造られた当時とは大きく異なっている中、西都原古墳群は別格です。しかもこの墓域には前方後円墳31基、円墳279基、方墳1基、地下式横穴墓11基、横穴墓12基もの多くの古墳があり、その一部は今回の46号墳の墳頂からも垣間見えます。もっとも古墳群の中心的存在でありながら墳丘がほとんど見えないためにこのブログでもサワリ程度にしか紹介していない男狭穂塚、女狭穂塚については残念の一言です。

今回の46号古墳は、古墳群全体が3群に分けられる中、第1群に含まれ郡中最も遅く4C末から5C初めに築かれたと考えられている墳長83.6mの前方後円墳です。丁度、前期と中期の狭間にあたっていますが、前方部幅はあまり広がらず、高さは後円部のほうが前方部よりも高い前期古墳の姿をとどめています。調査で明らかになった段築は後円部、前方部ともに三段です。運よく草刈りのあとに訪れたためにその様子をはっきりと確認することができました。現地説明板によれば埋葬施設は後円部で確認された方形区画、つまり竪穴石室ではないかとみられています。全面的に墳丘は葺石で覆われていたそうで、その一部が墳丘裾南側に保存されています。それにしても石は小ぶりで、これではさほど時を経ず崩落してしまったのではないかと思いました。これまでに紹介した西都原古墳群の数々は以下のとおりです。併せてご覧ください。
PNG dougasatueiichi saitobaru46goufun


PNG saitobaru46goufun basho

西都原13号墳と35号墳
西都原169号墳
西都原170号墳と171号墳
西都原202号墳
鬼の巌(いわや)古墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村