大型の切石で造られた見事な石室


 横穴石室といえば畿内から西それに九州に集中し、東国ではあまり見かけないのではないとの印象を持ちがちですが、このブログで紹介してきたように時間差はありものの上野、下野を中心に数多くの横穴石室を有する古墳が築かれています。今回の蝦夷穴古墳もそのうちの一基で全長は11m。大型の凝灰岩の切石で作られた玄室が残されています奥壁の大きなこと。それだけではありません3mほどの天井石はさらに大きなことにびっくりです。残念ながら羨道は大半欠損し、大きく整形された印象です。これまでのところ東国の横穴石室は全体として川原石や、チャートと呼ばれる山石を用いて造られた例が多かった気がします。しかし古墳時代も終末期になると被葬者が有力者であれば切石を用いる場合もあったということになるのでしょう。総社古墳群の宝塔山蛇穴山、壬生古墳群の丸塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)などが思い浮かびます。

 驚いたのは金銅製頭椎(かぶつち)大太刀、馬具類等豊富な副葬品が出土していることです(いずれも国立東京博物館所蔵)。なんでもかんでもヤマト王権を持ち出すなとの言葉が聞こえそうですが密な関係を有していたことはこれら副葬品からも明らかだと思われます。そして現在の須賀川市は2019年の19号台風で阿武隈川が氾濫し大きな被害をもたらしましたが、古墳時代には太平洋岸まで15㎞ほどの距離ですから水運の現場として用いられていたに違いありません。文化財課で頂戴した「まぼろしの国、石背(いわせ)」によれば現在の福島県にあたる地域が石背として奈良時代に陸奥国から独立したことが考古学からも明らかになっているとあり、蝦夷穴はじめ多くの古墳からも奈良時代以前に既にこの地域が活発な交流の結節点であったとありました。なるほどという感じですね。

 駅の観光案内所で詳しく教えてもらった須賀川駅からの徒歩の道のりは快適でした。途中、古墳が築かれていてもおかしくないと思った翠ケ丘公園をみながら県立須賀川高校を目指すとよいでしょう(この後は個人宅なので省きますが、必ずお声がけを)(撮影2019428日)。なお
蝦夷穴古墳、大塚古墳などいくつかの古墳はお世話になった市の文化財担当によれば幸い被害はなかったとのことでした。

PNG 蝦夷穴 須賀川市 場所
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村