長い羨道の先には巨石積みの石室が・・・


 地図からもお分かりのように崇峻天皇の真陵ではないかといわれている赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)から東に700mほどの距離の尾根に築かれた古墳で築かれた時期も同じ6C末です。現地までは何度か紹介している桜井市観光協会のマップにしたがって行ってみるとよいと思いますが、次第に道が細くなり突き当りの民家の裏にそれらしき墳丘を確認した時にはおーっと思わず声が出ました。赤坂天王山の場合には遠くから墳丘を確認するのは難しいのですが越塚古墳ははっきりとわかります。径43mの円墳ですが封土はだいぶ流れている印象です。南西方向に開口した石室は長さ16m。

 非常に長く感じる10mもある羨道にまず驚かされます。玄室までの間にうれしいことに土砂が道を遮るということもありません。三段積みです。その先の玄室奥壁は巨石二段積みですがよく目をこらすと石棺の底と側壁の一部(組合わせ式だそうです)が残されていました。動画2でご覧になれます。動画3では奥壁から羨道方向を見ていますが垂直に切り立ったまぐさ石が印象的です。赤坂天王山古墳から至近の距離、築造時期も近く、石室の規模もほぼ同じ(赤坂のほうが長さ17mとやや大きい)ということから両古墳の関係が気になりますが専門家の見解では両者は無関係のようです。「墳形が違うことや(赤坂は方墳)石室の系統が異なることから古墳の造営主体である豪族も異なっていると思える」(「桜井の横穴式石室を訪ねて」、桜井市立埋蔵文化財センター)。それにしても鳥見山の東側の尾根筋には今回の越塚古墳、赤坂天王山古墳、それに石室長が16mもあるムネサカ1号墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、地図からは外れますが鳥見山の裾には石室長11mの秋殿南古墳があり(クリックすれば飛べます)、その規模の大きさと残りのよい石室に圧倒されます。機会があれば是非現地を訪ねることをお勧めします(撮影2017221日)。
PNG koshizukakofun shuuhenno kofun
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村