周濠が印象的な中型の前方後円墳


 川子塚と書いて「かごづか」と読む。今回の古墳名もかなり珍しいものですね。かわこづか古墳とばかり思っていました。残念ながら調査不足でその由来はわかりませんでした。それはともかく旧国名の常陸には大型の前方後円墳、梵天山古墳(クリックすれば飛べます)のある久自地区、新治地区、筑波地区などがあり、川子塚古墳は装飾古墳として貴重な虎塚古墳(クリックすれば飛べます)とともに仲地区にあります。地図で虎塚古墳との位置関係を確認してください。この地区には全国でも大型の円墳として知られる径95mもある車塚古墳が川子塚古墳に先行して5C央に造られています。茨城県全体でみるとこの頃、同じような規模の前方後円墳、三昧塚古墳(クリックすれば飛べます)が築かれていることに気づきます。

動画1の冒頭にあるように川子塚古墳は太平洋、阿字ヶ浦海岸を見下ろす海岸段丘に築かれています。現在では住宅に囲まれて見通しは効きませんが、古墳時代は太平洋を一望のもとにすることができたはずです。墳丘には葺石が葺かれ、埴輪も置かれ墳丘西側に残されているように周濠がまわっていました。雑木のために墳丘全体を見通すことは難しいものの、前方後円墳ということはよくわかります。動画のキャプションにも書きましたように墳丘東側は住宅が迫るように造られており、そのため削られています。周囲の開発状況からすればよくぞここまでで踏みとどまったという印象です。アクセスは容易です。ひたちなか鉄道湊線の終点阿字ヶ浦まで行き、駅前にある堀立神社の南側鳥居(県道265沿い)を目指します。その向かえに動画3の最後の周濠の広がりがみえます(撮影2018112日)。PNG dougasatueiichi Kagozuka kofun
PNG kawakozuka torazuka kurumazuka no kankei
PNG kawagozuka kofun

川子塚(かごづか)古墳基本情報

所在地 茨城県ひたちなか市

形状 前方後円墳

規模 墳長85m 後円部径40m 高さ8m、前方部43m 高さ9m

葺石、周濠あり(西側)

築造時期 5C後半

出土品 人物、馬、円筒埴輪

埋葬施設 不明

史跡指定 ひたちなか市

特記事項 出土の埴輪は近隣の馬渡埴輪製作遺跡からも同種のものが

確認されている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村