巨大円墳の巨大横穴石室

前回紹介した壱岐島の古墳、兵瀬古墳(クリックすれば飛べます)よりも一回り大きな径70m(基壇部分の径、その上に径40mの墳丘が載る)の巨大円墳。今回の笹塚古墳です。径70mの円墳というのは古墳時代全体を通じても相当大きい部類に属します。埼玉県さきたま古墳群の丸墓山古墳(クリックすれば飛べます)は後期に造られ径102mと全国最大を誇りますが、笹塚古墳はおそらく10位から20位の間に位置するのではないでしょうか。道路建設で石室開口部側(南西側)が削られていますがその大きさは十分に実感できます。そして何よりの魅力は長大且つ精美な横穴石室と玄室に残る組合せ式の石棺です。

壱岐島で巨石墳は対馬塚、双六、笹塚、兵瀬、鬼の窟、掛木古墳と6基を数えますが(対馬塚以外は見学可能、双六は格子越し)、長さでは笹塚は鬼の窟の16.2mについで15.2mと第2位です。前回の兵瀬は12.2mです。いずれの古墳も比較的近くに築かれており、被葬者同士の関係にも関心をもたざるを得ません。また対馬塚、双六を除く4基は6C末から7C初頭というごく短期間で造られたとみられており、その背景には6C前半の北九州豪族の磐井が新羅と手を組みヤマト王権による百済支援を阻んだ(磐井の乱)ことに見られるように東アジアの複雑な情勢が関係しているとみられています。この間、半島と倭の間に位置する壱岐島の平坦基地としての価値が高まったことは容易に想像され、北九州からは豪族が移住したとみられています。7Cの後半になると新羅は唐と手を結び、倭・百済連合と戦うことになりますが(白村江の戦い)、壱岐島には防衛ラインが敷かれ6C以来の傾向が引き継がれていきます。

笹塚古墳に戻りますが他の主要古墳同様、玄武岩の巨石によって前室、中室、玄室の三室が造られていますが、短めの羨道から前室に入り玄室まで見通せる空間は均整のとれた美しさの一言です。玄室には組合せ式の箱式石棺が置かれており、その左手前には研究者がおそらく棺蓋であろうと見ている板石が立てかけられています。三室構造ということもあり15.2mの長さを誇りますが天井高は玄室で3.5m、前室、中室で1.9mと案外低くなっています。より早い段階に造られた対馬塚、双六古墳の玄室は4mを越えます。盗掘はされているものの金銅製馬具、鉄製杏葉、須恵器、土師器杯、朝鮮半島系陶質土器、鉄製品、ガラス玉等が出土し国の重要文化財に指定されています。

博多港から高速船に乘り1時間強、天候が安定していれば10基程の古墳を見学しても十分に日帰りが可能です。ただ前回は路線バスで弥生時代の遺跡公園、原の辻遺跡(国の特別史跡)近くまで行き、一支国博物館からタクシーでまわったのですが、古墳の場所がわからず苦労したことから、今回はタクシー会社に古墳の所在地を事前に知らせ調べてもらいました。案外、壱岐のタクシーといっても古墳巡りで利用する人は少ないようなのです。結果、非常に効率的にまわることができました。いつものような公共交通機関と徒歩では日帰りはとても難しいと思われます(撮影2019326日)。
PNG ikishima omonakofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村