重厚な石棚が印象的な三里古墳 

creen>

  今回の三里古墳、近鉄生駒線の平群駅の東側に走る国道168号線から北東方向100mのところにある動画でおわかりのように大きく壊された石室だけが残されています。道標にしたがって住宅の間を縫って古墳に到着した時には度肝を抜かれたといったら大げさですが、想像とはだいぶ違いました。ただ奥壁の床から70㎝のところに設けられている石棚が不思議な存在感を示していることにも驚かされました。石棚といえば和歌山の岩橋千塚古墳群の石室が思い出されますが、奈良県ではわずか三例に留まるそうです。そのうちの一つは下市町の岡峯古墳で既に紹介しています(クリックすれば飛べます)。残る一つは大淀町の槇ヶ峯古墳です。ただこれまで紹介した石棚は天井に近いところに設けられておりだいぶ印象が違います。今回の石棚は緑泥片岩ではなく花崗岩製という点でもより重厚な感じを受けました。墳丘はといえば径22mの円墳とも墳長35mの前方後円墳ともいわれています(平群町HP)。

 半壊状態の石室ですが説明板の玄室規模 長さ4.4m、幅2.4m、高さ3mはかなりの大きさです。平群町のHPの説明ではさらに一回り大きく、長さ4.9m、幅2.4m、高さ3.15mに長さ7m、幅1.3mから1.4mの羨道がつけられていたとあります。その羨道中央には玄室からの排水溝が設けられていることが確認されています。また少なくとも5名が埋葬されたと考えられています。副葬品も馬具を中心に数多く出土しており半壊状態にもかかわらず県指定の文化財となっている理由ではないかと思いました。残念なことに両袖式の石室という説明ですが現状からはよくわかりませんでした。三里古墳に限らず見どころの多い古墳のある平群町を散策されるには平群町公民館によって地図を入手することをお勧めします。平群町っていったいどこにあるのだろうとお思いの方に、つい最近紹介した服部川7号墳のある高安古墳群との関係を示す地図を載せておきました(撮影201837日)。


PNG misato kofun to takayasukofunngun

三里古墳基本データ

所在地 奈良県平群町

形状 前方後円墳(円墳)

規模 現状は径40mほどの円丘

築造時期 6C

出土品 銀環、ガラス玉、馬具、鉄鏃、鉄刀、須恵器、土師器

史跡指定 奈良県指定

特記事項 本文でも記したように奈良県では非常に珍しい石棚つきの石室



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村