巨石が積まれた側壁が見事

 訪れるたびに林立といってよいほど立ち並ぶ天理教の建物に圧倒されます。みな同じ様式なので建物を頼りに歩くと間違えてしまうことがあり要注意です。もっとも駅前から天理教本部のある東側の山裾は区画整理が行き届いてわかりやすいです。実は天理市の古墳の多くもこの地区にあります。今回のウワナリ塚古墳はそのもっとも北側に築かれています。残念ながら民有地として開墾されており前方部、それに石室のある一部を除き後円部も歩くことはできません。古墳時代後期に墳長110mを越える大型前方後円墳を築くことができたことは有力な豪族であったに違いなく、この辺りを支配していた物部氏の奥津城ではないかといわれています。それにたがわず横穴石室は巨大です。羨道の大半が欠損しているためにそれほどには感じませんが、玄室はヘッドランプの灯りが十分届かないほど広大で長さは7m近く、幅は3m、高さも3mもあります。奥壁に用いられている花崗岩も巨大でしたが、左右の側壁(横壁)に使われている表面加工がなされている巨石に目を奪われました。残念なことにいつ頃かかれたかはわかりませんが漢字の落書きが結構あり、それを消した跡が痛々しかったです。なお開口部にはフェンスが置かれていますが自由に出入りできます。とはいえかなり狭く覚悟してお入りください。
 アクセスはJR桜井線の天理駅東口に出てアーケードを直進、角に郵便局がある信号を左折すると左手に天理医療大学が見えます。そのまま進み次の信号を右折し道なりに進むと、天理教教祖墓地がみえます。この敷地沿いの道を北方向に登ると右手に巨大なタンク(貯水槽)が二基みえます。その間の道を右方向に直進、突き当りまで進むとシートに囲まれた農園があります。このシートフェンスを右手に辿っていくと(このフェンスの内側が前方部)、石室のある後円部に出ます(動画1の冒頭)。徒歩で30分。