関東の前期古墳では有数の大きさの前方後円墳

 埼玉県といえば国宝になった金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳のあるさきたま古墳群が

知られていますが、古墳が築かれたのは中期末から後期です。今回紹介する野本将軍塚古墳

はずっと古く4C後半、前期に位置づけられています。実はこの古墳の築造年代については前期から後期まで解釈があったようですが、2017年の早稲田大学と東松山市の調査の結果、

C後半で決着しました。発掘調査ではなく三次元地形測量と地中レーダー探査による非破壊検査によるものだそうです(20171029日、朝日新聞)。

 墳長115mの前期古墳と言えば関東ではそうそうあるものではありません。これまでアップした中で探してみると多摩川の亀甲山古墳(クリックすれば飛べます)が墳長108mで後円部径が60mで同じく4C後半に造られたと考えられています。また墳長は89mとややこぶりですが墳丘の形が美しく残る白山神社古墳(クリックすれば飛べます)があり、4C前半では千葉県姉崎古墳群の墳長93m釈迦山古墳(クリックすれば飛べます)があります。その中でも今回の野本将軍塚は墳丘の規模では最大です。しかも南北8m、幅3.5m高さ1mの埋葬施設が未盗掘のまま墳頂に残されていることがわかっています。

このように大変貴重な古墳なのですが、墳丘全体を遠くから眺めることができるわけではありません。動画1の冒頭にあるように野本市民活動センターの広々とした駐車場の先に広がるこんもりとした雑木林の中に佇んでいます。近くに寄ってみると今度は巨大すぎて全体が収まりません。さらに後円部には神社、前方部には顕彰碑があり墳丘も改変されている様子です。後円部に立ち高低差8mもある前方部をみて、ほーっと声が出ました(動画2)。前期古墳の特徴がよくわかったからです。後円部径は65mもあり、その裾の広がった様子は動画3でご覧になれます。周辺には将軍塚古墳に関連すると考えられている遺跡もあり是非訪ねたい古墳です。古墳の東500mほどのところに東松山市埋蔵文化財センターがあり、このあと訪ねた おくま山古墳へのルートを教えて頂きました。

アクセスは東武東上線東松山駅の東側に走る県道66号線をひたすら南下し県道345号線を左折すると信号農村センターがあります。動画1の冒頭の駐車場野本市民活動センターが左にみえます。わかりづらい場合には古墳裏にある東松山市野本小学校を目指すとよいでしょう。徒歩30分。古墳が築かれた都畿川沿いに広がる台地の広大さを感じるためにも徒歩をお勧めします(撮影2018年1月11日)。

PNG nomotoshougunzuka zu

野本将軍塚古墳基本データ

所在地 埼玉県東松山市

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径65m 高さ15m、前方部幅50m 高さ8m

後円部3段、前方部2

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 本文に記したように2017年の非破壊検査で築造時期が前期古墳で確定


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村