独特な前方後方墳がみられる末寺山古墳群

今回紹介する末寺山(まつじやま)古墳群の二基は既に紹介した和田山古墳群や秋常山古墳群と至近の距離にあります。古墳時代前期に関東や日本海側で数多く築かれた前方後方墳です。どちらも比較的小型で前方部が極端に短い独特の形をしています。残念ながら墳丘の形がきちんとわかるようには整備されていないために想像で補うしかありません。それでも5号墳のほうはよくみると前方部の小さな高まりが確認できます。南側から見た二基の墳丘ははっきりと人工的な高まり、古墳ということがわかるシルエットをしています。出土品は5号墳から多数の土師器の壺片、埋葬施設があると思われる後方部から鉄剣が確認されているようです。

簡単な地図でお分かりのように中央に走る県道をはさみおおよそ300m×500m四方に三つの古墳群があり前期から後期までの古墳が並んでいます。非常に興味深いのはそれぞれの古墳群が独立した小規模な丘陵に位置していることです。自然の地形を活かしたそれぞれ独立した墓域のようにもみえます。一度目の訪問は初夏だったために墳丘は一面草木に覆われ二度目の今回は春雨が待っていました。
 秋常山1号墳秋常山2号墳和田山5号墳和田山古墳群の後期古墳。いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます。是非、三つの古墳群の姿をご覧ください。アクセスはJR小松駅から寺井史跡公園行き小松バスで30分ほど。昼間に5-6本、あります。バス停前に消防署があり、その裏に能美市歴史民俗資料館があります。パンフレットを入手し和田山古墳群→秋常山古墳群→末寺山古墳群の側に歩くとよいでしょう。ゆっくり歩いても1日あれば十分です。なお末寺山古墳群だけは自然を重視した保存です(撮影2017年4月12日)
PNG matsujiyamakofungun to wadayamakofungunPNG matsujiyama kofungun zu



末寺山古墳群基本データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後方墳

規模 5号墳 墳長29m 後方部18.5m×21m 高さ5m 前方部幅6.5m 高さ3.5m

6号墳 墳長55m 後方部 35m×30m 高さ5m 前方部幅 約15m 高さ 約3m

築造時期 4C

出土品 須恵器壺 鉄剣(5号) 6号墳は未調査

史跡指定 秋常山古墳群、和田山古墳群とともに能美古墳群として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村