切石加工が美しい石室

 山陽本線加古川駅北東方向4㎞のところに工業用水の安定供給を目的に1966年に造られた人造の湖、平荘湖(へいそうこ)があります。湖底には数多くの古墳が眠っているそうでいずれ紹介する古墳升田山15号墳など今でも見学できる古墳がいくつかあります。今回の地蔵寺古墳もその一つで南側には加古川が流れる丘の先端に位置しています。動画1の地蔵寺の後側が平荘湖になります。

 加古川駅から都台行きのバスで20分ほど揺られ池尻ダム口で下車。そこから徒歩で東に県道78号線を15分ほど歩くと左手に地蔵寺の屋根が見えました。高台にあるので遠くからもよくわかります。あのお堂のどこに横穴石室があるのだろう。いつものことながらわくわくドキドキです。境内に入っても道標はなく住職のお宅のベルをならすと「はーい」と女性の声が。「ちょっとわかりにくいのでご案内しますね」とまことにご親切でした。たしかに母屋伝いに古墳石室までは近いとはいえ、声掛けをしなければ不審者と間違えられてしまいそうです。目指す石室は家屋の端に開口していましたが、円墳と考えられている墳丘の面影は全くありません。

 それはともかく短い羨道を通り抜けるとこれはびっくり。巧みな切石加工がなされた玄室が現れました。羨道幅より幅の広い両袖式です。奥壁は巨石の一枚板のようにみえます。「のように」と書いたのは雨水でしょうか水が5㎝ほど溜まり奥まで入れないのです。敷石がところどころ水面に現れていましたが滑ることは間違いなし。諦めてズームでがまん。天井の板石も巨石で、ノミで滑らかに加工されています。持ち送りはほとんどなく全体に長方形の箱といった感じの石室でした。現地の簡単な説明板によれば7C初頭に造られたようです。

 動画3に番外として付けたのは14C鎌倉時代に古墳の石棺の蓋に彫られた地蔵立像と六地蔵です。縄掛け突起が削られることなくそのまま残されていることにもびっくりしました。究極のリサイクルですが当時古墳が人々の間でどのように扱われていたか、診られていたかを想像するに足る遺物ではないでしょうか(撮影2018312日)。

autoplay; encrypted-media" allowfullscreen>にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村