茶畑に映える小型の前方後円墳

 茶畑の向こうに小さく見える墳丘が目指す吉岡大塚古墳でした。築造当時の光景とはまったく異なってはいるでしょうが1mほどと背の低い緑の茶畑のなかにほんの少しだけ頭をのぞかせる7.2mの墳丘は近づいてみるとなかなかに堂々としていました。もっとも前方部は短く帆立貝形にも見えます。

 ただ覚悟はしていましたが訪れたのが5月中旬と緑濃い時期であったために前方部や後円部の筑成(二段)の様子が今一つはっきり見えなかったのが何とも残念でした。動画でおわかりのように墳丘の周りには結構な深さの周濠がまわっており、後円部と前方部の高さの差は5mほどもあります。中期とはいえ前期の様相を示している気がしました。埋葬施設に関する情報はありませんがおそらく後円部の竪穴ではないでしょうか。聞けば南側を中心に葺石を再現し円筒埴輪なども並べて史跡公園として整備するとのこと、動画はその前の景色ということになります。

吉岡大塚古墳を最北端に和田岡古墳群は原野谷川(はらのや川)沿いの台地に、春林院古墳、瓢塚古墳、行人塚古墳、各和金塚(かくわかなつか)古墳と中期の古墳が並んでいます。ランチをはさんで4-5時間かけて歩きましたがなかなか見応えのあるそれぞれの古墳でした。吉岡大塚古墳へのアクセスはJR掛川駅から私鉄の天竜浜名湖線に乗り換え細谷駅で下車、西500mの吉岡の交差点まで歩き、271号線を道なりに北へ進むと動画1の冒頭の景色が見えるはずです(撮影2018517日)。


PNG wadaokakofungun zu
PNG yoshiokaootsuka kofun zu

吉岡大塚古墳基本データ

所在地 静岡県掛川市

形状 前方後円墳(帆立貝形)

規模 墳長55m、後円部径41.3m 高さ7.2m、前方部幅27.5m 高さ2.1m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 和田岡古墳群として国指定

特記事項 本文でも触れたように墳丘南側を中心に復元整備し史跡公園化する予定



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村