宮内庁は継体天皇陵としていますが・・・?

 今回紹介する中期古墳は大阪府茨木市の太田茶臼山古墳。墳長は226m。周濠に囲まれた堂々たる前方後円墳です。全国で21番目の大きさと言いますから被葬者は大王クラスの人物であったことは間違いがなさそうです。ただ宮内庁が治定している継体天皇陵と考えるわけにはいかないようです。その点はあとに譲ることにして、墳丘は前方部から後円部まで東側の様子は一望できてなかなか魅力的です。特にくびれ部分にある造出しは東側に限っていえばよくわかります。残念なのは高い金網のフェンスを避けようと背伸びをしたためにファインダーを覗けず動画が捉えた墳丘はやや斜めになってしまいました。ご愛敬です。しかも西側の様子は一周できないためによくわかりませんでした。

 ところで古墳の被葬者が誰かということは論者によって異なることが珍しくないようなのですが、太田茶臼山古墳については継体天皇陵ではないという点で専門家の意見は一致しています。理由は簡単です。宮内庁が治定する継体天皇は6C前半、つまり古墳時代後期に活躍しており、他方墳長226mの墳丘の形態や出土した土器などから太田茶臼山古墳は5C後半、古墳時代中期に造られたと考えられています。真の継体陵はどの古墳なのかという疑問についても専門家の見解はほぼ一致しています。茶臼山古墳の北より東側1㎞のところにある今城塚古墳です。墳長は190mもあり後期に造られた畿内の古墳では極めて大型で二重の周濠に囲まれています(未アップ)。こちらは宮内庁の管理下にはなく高槻市が史跡公園として整備し自由に立ち入ることが可能です。周堤にある埴輪群については既に一部紹介しています。埴輪の色々第二回(クリックすれば飛べます)。では、太田茶臼山古墳の被葬者は誰なのかについては継体天皇の曽祖父の意富富杼王ではないかなどの説があるようです。

 継体天皇といえばそれまでの天皇とは異なり伝承では越後から迎えられたといわれ、他方、その在位期間には朝鮮半島での百済・新羅の戦いに百済支援のために派兵する一方、国内ではヤマト王権とは異なる方針をとった北九州の磐井勢力と内戦になるなど話題には事欠かない天皇です。その人物が眠る墳墓はいったいどこにあるのか確かに興味深いですね。

アクセスはJR京都線摂津富田駅から高槻市営バスで阿武山団地方面(複数の行き先がある)に乘り土室南(はむろみなみ)で下車、西に200mほどのところにあります。藍野病院を目指すとわかりやすいと思います。古墳は茨木市にありますがバスは隣接する高槻市営バスなどややこしいです。(撮影2017510日)。


PNG ootachausuyama kofun zu 修正版

太田茶臼山古墳基本データ

所在地 大阪府茨木市太田

形状 前方後円墳

規模 墳長226m、後円部径138m 高さ19.2m、前方部幅147m 高さ19.8m

築造時期 5C

出土品 家形、人物、甲冑等の形象埴輪

史跡指定 なし 宮内庁が継体天皇陵として管理

特記事項 本文で触れているように継体天皇陵ではないことは専門家の一致した見解


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村