遠目には可憐な近寄ると武骨な小円墳

 今回の大留荒子古墳、タイミングがよかったのか朝日に輝く小さな円墳は可憐といってもよい趣でした。動画2の冒頭、遠景でそうした印象をもちました。ただ、近づいて見ると川原石で覆われた姿は可憐とは程遠く武骨な印象を受けました。残念ながら中には入れませんが、ヘッドランプのお蔭もあって奥壁までよく観察できました。横壁と同じような川原石が丁寧に何段にもわたって積んであります。時期は6C後にまで遡る、近くの豊田市池田1号墳では奥壁は一枚岩でしたし表面加工もされていましたが、この古墳石室はそこまではこだわっていません。被葬者のランクが古墳にも色濃く反映されているのでしょうか。金環や直刀、鉄鏃、須恵器などが出土しています。どうやら複数人が埋葬されていたようで現地案内板によれば金環の数の多さから類推されるとのことでした。

 調査の後削平される古墳が決して少ないなか、区画整理事業のためにこの地に数百m移動したというのはこの古墳にとり運がよかったのではないでしょうか。アクセスは中央本線神領駅の東南300mほどのところ大留町1丁目信号至近の公園内です。自分は西500mほどの高御堂古墳とセットで訪ねました(撮影20171212日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村