これは素晴らしい!見逃せない天井の高い石室

 今回の烏土塚古墳の石室。ご覧になれば間違いなく感嘆の声をあげると思います。意外な場所に開口しているのでなおさらです。大半の横穴石室付き古墳は、墳丘の後円部側面に石室が開口しています(たとえば奈良県高取町の市尾宮塚古墳、群馬県高崎市の八幡観音塚古墳、古墳名クリックすれば飛べます)。ところが烏土塚の場合、動画撮影位置にあるように後円部の主軸方向南側に開口しており、しかも動画4の最後にみるように団地の開発のために開口部側は石垣で囲まれてしまい登ることはできません。やむなく前方部から後円部に歩き墳頂から開口部方向に下る必要があります。天井石が欠けた羨道を見ながら開口部に降りるのです。不思議な感覚です。それだけに最初に目に入る羨道の横壁とまぐさ石の巨大さに驚くにちがいありません。それにしても築造時もこうした方法で石室入口に向かったのでしょうか。それとも後円部南側に石室への道があったのでしょうか。


 天井板石が欠けている羨道を歩き両袖式の玄室に入ると、動画1の広範にあるように高い天井が迎えてくれます。4.2mもあります。幅がさほどないために余計に高く見えます。この迫力に加え天井石の大きさに驚かされます。石室に入るには平群町の文化財課で鍵を借りないといけませんが、この手間をかけただけの甲斐はあります。奥壁は一枚の板石ではないところが若干拍子抜けですが、半壊状の組合せ式石棺とも相まって実に見応えがあります。畿内で前方後円墳はほとんど造られなくなった頃に許されたということはこの地域で突出した権力の持ち主であったと思われます。最後の大王墓といわれる前方後円墳、五条野丸山古墳とほぼ同じ時期です。副葬品の豪華さからもその点がうかがえます。烏土塚古墳の北側には7C中頃に造られた方墳西宮古墳があります。これも素晴らしい石室です。併せてご覧ください(クリックすれば飛べます)。アクセスは近鉄生駒線竜田川駅から西に300mほどのところにあります。竜田川つり池を目指すとよいでしょう。なお平群町役場は隣の駅平群駅の西側にあります。ここで平群町の古墳マップを貰うとよいでしょう。(撮影2017116日)。

PNG udozuka kofun zu