墳丘に登れる九州最大の前方後円墳

 あれも古墳、これも古墳。志布志湾沿いに広がる田んぼや住宅にまじって古墳が点在する風景は当時の人々がここでどんな暮らしをしていたのだろうか思いを馳せるには十分すぎます。今回はその唐仁古墳群の主墳である墳長154mの唐仁大塚古墳(1号墳)を紹介します(役所塚古墳など残りはいずれアップします)。

 何度か書きましたように九州の古墳というと北部のイメージが強いのですが宮崎、鹿児島(日向、大隅)に前方後円墳、それもかなり大型のものを含む古墳群が形成されていることに驚かされます。それだけヤマト王権との関係が密だったことを示しています。唐仁大塚古墳群は総数130基あまり、それも古墳時代中期に集中して造られていることが特徴的です。ただ前方後円墳は三基のみで残りは二基の中型円墳と小円墳です。その点について琉球大学の池田榮史さんは首長は首長以外に古墳築造を許さない絶対的権力を有していたわけではなく、地域的で一定の立場をもつ人々が古墳を造ることを許容していたのではないかと述べています(「唐仁古墳群シンポジューム」、201811月、東串良町)。

 何度か紹介した西都原古墳群の女狭穂塚、男狭穂塚(帆立貝形)(その一部が見えるのは陪塚の170号と171号を紹介した回です。クリックすれば飛べます)がともに墳長175mを越え九州の前方後円墳では第一位、第二位を占めますが、唐人大塚古墳はそれにつぐ墳長154mを誇ります。しかも嬉しいことに陵墓参考地の前記二基と異なり墳丘に登り、周濠を歩いてその巨大さを体感することができます。中期初期に位置づけられるからでしょうか墳丘は前期古墳に特徴的な前方部が細長い柄鏡型です。のちに削られたかもしれませんが動画1、動画2でおわかりのように前方部が驚くほど低く平らです。他方、後円部は高さ12mあります。葺石や埴輪があったかどうかについては資料によって異なっています。興味深いのは動画3で紹介している社殿床下の竪穴石室の天井石です。過去に何度か開口され舟形石棺と石室との間に短甲が置かれ、その形式(長方板皮綴短甲)から古墳時代中期初頭に造られた考えられています。

 不思議なことにこの地域では中期以降ぱったりと典型的な古墳が造られなくなります。単に権力が移動しただけではないようです。前に触れたシンポジュームで鹿児島大学総合研究博物館の橋本達也さんは古墳時代後期6C代以降の異質化・個性化が、最終的には「異民族」としての隼人を生み出す要因になったと述べています。興味深い指摘だと思いました。

 唐仁古墳群より前に築かれた古墳を含む塚崎古墳群は肝付町、今回の唐仁古墳群は東串良町にありますが鹿屋のバスセンターから三州自動車の路線バスで塚崎まで行き、歴史民俗資料館を訪ねて塚崎古墳群を案内して頂いたあと、肝付町の教育委員会の方と一緒に唐仁古墳群を訪ねました。ありがとうございました(撮影2018年2月21日)。


PNG toujinootsuka zu

唐仁大塚古墳基本データ

所在地 鹿児島県肝属郡東串良町

形状 前方後円墳

規模 墳長154m、後円部径77m 高さ12m、前方部幅38m 高さ4m

周濠あり 葺石(ありとの資料も)

竪穴石室 長さ3.6m 幅1.2m 高さ0.85m

築造時期 4C末(中期)

出土品 埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 墳丘に登れる九州最大の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村