生目古墳群衰退に向かう頃の二基

生目(いきめ)古墳群の第4回目です。何度か書いたように古墳というと九州では北九州のイメージが強いのですが実は宮崎、日向の地に数多く築かれています。とりわけ前期では、生目古墳群が最大なのです。紹介した3号、22号を含め墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基があります。ということは4C後半まで生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたと想像されます。改めて調べてみると古墳公園として整備された面積は22ha、東京ドーム4.6個分もの広さです。もっとも西都原古墳公園は14.5個分という点は指摘しておく必要があるでしょう(必ずしも墓域と公園の整備面積は一致しない)。

今回の14号ですが古墳群で優美な姿が印象的だった墳長143m3号墳(クリックすれば飛べます)から南に歩き西側を振り向くとやや墳丘の背が低い前方後円墳が目に入ります。墳長は63mです。多数発掘された壺形埴輪が後円部墳頂と前方部平坦面に並び、葺石が葺かれ後円部頂は敷石や礫があったようです。復元された5号墳(クリックすれば飛べます)と同様(14号の後に築かれる)、全面石に覆われたかなり武骨な姿だったのではないでしょうか。前期古墳の典型である前方部が未発達の柄鏡型ということがよくわかります。周溝は前方部前面にはなかったようです。

動画3で紹介している23号墳ですが100mクラスの22号墳の北東側に接して築かれていますが情報がありません。資料館、生目の杜遊古館で入手した資料にもなく14号墳よりも一回り小さな前方後円墳としました。いずれも古墳パンフレットの編年表によれば前期の後半の4C後に2314号の順で築かれており、生目古墳群が衰退していく時期にあたっています。反対に西都原古墳群の被葬者の力が強くなっていった結果でしょうか。大型化進みます。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。


PNG ikime14&23 zu 修正版



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村