緑泥片岩の板石を積んだ凝った石室

 こんなところにと言ったら失礼になるでしょうか。JR和歌山線船戸駅のホームから道路を挟んだ南側の裏山に岩橋千塚で見たと同じ緑泥片岩を積んだ石室、それもかなり複雑な構造のものが残されていることに驚きを禁じえませんでした。というのも動画1の頭にあるように古墳のある森の前の県道では忙しく車が行きかい、公園として整備された岩橋千塚古墳群2(三基紹介しています。クリックすれば飛べます)とはまったく周囲の様子が違うのです。確かに紀の川と貴志川の合流地点に築かれた船戸山古墳群は確認されているのは7基にすぎず入室可能な石室を持つのは2基と岩橋千塚とは比べものにならないほど小規模です。加えて個人の方の所有のため県指定史跡とはいえ整備をはじめ勝手なことはできないのかもしれません。そのせいでしょうか。説明板も40年も前のものでした。

 県道を渡り開発された住宅団地の裏手にまわるとどこから入ればいいのか迷うほどの斜面が見えました。事前の資料ではこの山の頂上あたりに古墳はあるはずと歩き出したものの枯れ枝と竹に阻まれなかなか進めません。「あった」と思わず声をあげたのは丁度2号墳の裏側、説明板のあるあたりでした。あとで調べてみたら標高は70mほどです。かなり崩れている墳丘の南面に開口する石室にはベニヤ板のような一枚の補強材が天井部に置かれています。なんと無粋なことかと思ったのですが、入ってみるとその補強板の意味がわかりました。石室奥に進むにしたがって地下に降りていくように下っています。もし天井部に何もなかったならたちまちのうちに落ち葉などで開口部は埋もれてしまうでしょう。

肝心の石室ですが羨道の先に前室があり、短い前道を越えると玄室と複雑な造りです。玄室までは幅も狭く天井も低いために高さ2.9mの玄室に入ると広がりが私を迎えてくれました。とはいえそこには棺台、石棚とあり凝った造りです。いったいどんな被葬者がこれほど複雑な石室に葬られたのでしょう。興味は尽きません。アクセスはJR和歌山線船戸駅から南に徒歩10分。船戸山団地の裏山です(撮影20171128日)。
PNG funadoyama 2gou ichi



船戸山2号墳(船戸山古墳群)基本データ

所在地 和歌山県岩出市

形状 円墳

規模 径15m 高さ不明

石室 全長6.55m、羨道長さ1.2m 幅1.2m 高さ1.25m、前室長さ01.6m 幅1m 高さ1.5m、前道長さ0.8m 幅0.8m 高さ1.25m、玄室長さ2.95m 幅1.8m、高さ2.9m

石室

築造時期6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村