古墳全体がよく残る中型の円墳

 墳長100mを超える大型前方後円墳、寺谷銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)を見学したあと茶畑の間を縫うように走る道を500mほど北に歩くと動画1のような米塚古墳の美しい姿が現れました。銚子塚古墳は木々の隙間から指す太陽が墳丘をまだらに照らし出来はよくありませんでしたが、今回の米塚古墳は納得のいく映像です。円墳を囲む周濠はよく残っていますし二段築成の墳丘も見事です。元々は葺石に覆われていたようで墳丘にはその名残がみえました。径40mに対して高さは6mですが墳頂が広くそれだけに勾配は急でカメラを片手に登るのは結構大変でした。

肝心の米塚古墳の位置づけですが、ここ天竜川東側では古墳時代前期に前方後円墳(寺谷銚子塚が一例)が造られていましたが中期になると円墳、それもかなり大型のものが築かれるようになります(石野博信編、全国古墳編年集成、1995年、雄山閣出版)。このことは大型前方後円墳が畿内の百舌鳥、古市古墳群にほぼ集中し、他の地域では基本的にランクの下の帆立型前方後円墳や円墳が築かれるようになった全国的傾向と一致します。5C央に造られたと考えられる米塚古墳は前述のように径40mですが、天竜川東側ではそれより早い5C前半には径80mの兜塚古墳、径52mの高根山古墳が造られています。その後次第に規模を縮小し6Cになると古墳は造られなくなります。この地域はどこか別の権力者の支配する地域に服属したということなのでしょうか。アクセスは寺谷銚子塚をご覧ください(撮影、2017126日)。



米塚古墳基本データ

所在地 静岡県磐田市

形状 円墳

規模 径40m、高さ6m、幅7mの周濠、二段築成、葺石あり

出土品 不明

史跡指定 県指定
PNG teratanichoushizuka kofun zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村