スッキリした印象の横穴石室
 クマが出るかもしれないとの助言を受けておそるおそる訪ねた兵庫県養父市の大藪古墳群ですが、今回は前回の塚山古墳(クリックすれば飛べます)から谷を越え尾根の頂上に点在する野塚支群最大の3号墳です。ここからはクマ、イノシシの生息地域というフェンスを越えると沼沿いに名残りの紅葉が見事でした。足を止める勇気はなく塚山支群に急ぎます。直線距離で500mほどのはずですがなかなか着きません。道に迷ったのではと思い教育委員会に電話。どうやら行き過ぎたようです。気を取り直して尾根を登ると動画1に見る小さな円墳が林に囲まれた斜面に点在していました。古墳と古墳の間の距離感が見事です。近づいてみると石室が開口はしているものの入室は不可能。よほど慌てていたのかこの辺りの撮影がかなり荒くなっています。実際、唯一入ることのできるのは3号墳とは知っていましたがなかなか見つかりません。うろうろした10分ほどの長かったこと。

支群の最南端、林道沿いに漸く見つけた野塚3号墳は非常にすっきりした印象です。羨道は大半が失われていますが無袖形のためか開口部から玄室奥壁の一枚板石まで見通せるのです。しかもこれまで紹介してきた横穴石室の大半が天井に近づくにつれ幅が狭くなる持ち送りとは違って、横壁の石は天井までほぼ垂直に積まれています。動画2でその様子をご覧いただけます。ここまでくれば次の禁裡塚古墳までは間もなくのはず。ダラダラとした下りが続きます(撮影20171113日)。


PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-to


野塚3号墳(大藪古墳群野塚支群)基本データ

所在地 兵庫県養父市

形状 円墳 養父市の資料では10.95mとあるが径か石室長かは不明(現存長は

もっと短い)高さ1.9m2.6m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村