教会の礼拝堂のような横穴石室 
 これまで多くの横穴石室を紹介してきましたが、度肝を抜かれたという意味では奈良県桜井市の赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)以来のことではないでしょうか。古墳時代後期の6C後半にまるでキリスト教会の礼拝堂を思い起こさせるようなドーム型(専門的には穹窿(きゅうりゅう)式と呼ぶそうです)の空間が広がっているとは。ただただ驚きです。径20m弱の円墳ですが高さは5.8mと尖った印象の墳丘です。それもそのはずで鍵は石室にありました。羨道、前室、後室からなる長さ11m弱の複式構造の石室で天井高は4.2mもあります。ヘッドランプを頼りに奥壁を辿りながら天井のほうを見上げてみると四方がなだらかに湾曲している様子がよくわかりました。後室のまぐさ石の上が空間になっていて驚かされたのですが、これは前室と後室の天井が共有されているからなのでしょうか。いやはや素晴らしい。時を忘れなかなか立ち去る気が起こりませんでした。

 それにしてもなぜこれほど巨大な石室を構築したか不思議です。そう思って調べてみたところ6C後半に北九州や西日本で、その地域最大の古墳や石室が造られたとの指摘を見つけました。天井高6.5mと国内最大といわれる熊本県氷川町の大野窟古墳の説明のなかでの記述です(残念なことに熊本地震で被災し立ち入り禁止になってしまいました)。今回の田古里古墳は熊本は有明海を挟んだ対岸に当たります。この辺りの海運を仕切っていた豪族の墓であることは用意に想像がつきます。残念なことに副葬品などはまったく明らかになっていないようです。アクセスはJR長崎本線で博多から肥前大浦まで行き徒歩で20分ほどです。有明海沿いに列車は走りしばし景色にみとれました。肥前大浦からはわかりやすく県道207号線を南に下り一つ目の田古里の信号を左折し300mほど道なりに進むと田古里古墳と書かれた大きな看板が見えます(2018326日)。


PNG takorikofun ichi zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村