築造当時の完全復元

 今回の中期古墳は愛知県名古屋市にある志段味(しだみ)大塚古墳です。前方部が短い墳長51mの帆立貝式の前方後円墳です。2017年の春に復元工事が終わり動画1で見るようにその雄姿をかなり遠く離れたところからでも確認できます。葺石を張り巡らした二段築成の墳丘はなかなかのものです。周囲には濠が巡っていて実際の墳丘よりも大きく見えます。このブログでは既に300基以上の古墳を紹介していますが、築造当時の人々が目にしたと思われる墳丘を学術的考察をもとに完全に復元した例はごくわずかです。その意味で大変貴重な古墳といえます。


 名古屋市で198mと最も標高の高い東谷山には既に紹介した南社・中社古墳(クリックkすれば飛べます)、尾張戸神社古墳があり麓には墳長115mを誇る白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)等志段味古墳群の中核をなす古墳が築かれています。今回の大塚古墳もそのうちの一基です。それらを含む70基が4C後半から7C初めにかけて庄内川を臨む1㎞四方ほどの地域に築かれています。この地域はルーツを同じくする豪族が支配していたのではないでしょうか。


  話は志段味大塚古墳に戻りますが私が訪れた2か月後の20182月、朝顔形、きぬがさ型埴輪を中心に30本の埴輪(レプリカ)が何者かによって破壊されてしまいました。全体で500本のうち目立つ朝顔、きぬがさに被害が集中しています。被害総額は615万円にのぼっています(2018213日、名古屋市教育委員会文化財保護室報道資料)。心無い人々のこうした行為に怒りを禁じえませんが、これまでも東京都世田谷区の野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、岐阜県大垣市の昼飯大塚古墳(クリックすれば飛べます)等同様の被害にあっています。野毛大塚古墳は修復するにはかなりの費用がかかることから全てレプリカの円筒埴輪撤去に踏み切りました。残念なことです。志段味大塚古墳についてはパトロルールの強化や文化財保護の大切さを記した看板の設置などを考えているそうで、引き続き墳丘には登れるようでホッとしています。今回は埴輪が破壊される前の志段味大塚古墳を存分にご覧ください。アクセスは本古墳だけ訪ねる場合はJR中央本線高蔵寺駅から南に下り、庄内川に掛かる東谷橋を渡りすぐ右折し一つ目の信号所下(ところげ)を左折し青里掛(あおりがけ)の信号まで進むと動画2の冒頭の志段味古墳群と書かれた碑がみえます。徒歩20分です(撮影2017117日)。
PNG shidamiootsuka kofun zu



志段味大塚古墳基本データ

所在地 愛知県名古屋市

形状 前方後円墳 二段築成 葺石あり 周濠あり

規模 墳長52m、後円部径36m 高さ7m、前方部幅 15m、高さ1.5m

築造時期 5C

出土品 銅鏡(五鈴鏡)、金銅製帯金具、刀剣類等、水鳥、鶏埴輪、きぬがさ形、朝顔形、円筒埴輪等

史蹟指定 志段味古墳群として国指定

特記事項 埋葬施設は二基


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村