兵庫県加古川市の100m級の前方後円墳、行者塚古墳はブログ開始まもなくの頃、アップしています。訪れたのは12月初旬、動画で見るように名残りの紅葉がとてもきれいでした。ただ墳丘のくびれ部分と後円部に二か所ずつある造出しは一か所を除き撮影されておらず、今回の再訪となりました。自然に任せた保存の場合、造出しがあるといわれても専門家でないとわからないことが多いものですが、復元整備された行者塚古墳では動画5に見るようにはっきりとわかります。動画4ではこれまでの動画では捉えきれていなかった後円部から前方部のシルエットを墳丘西側を歩いて捉えています。それにしてもこれほど住宅が立ち並ぶ中、よくぞここまで保存されてきたものだと感心するばかりです。今回、動画撮影位置も加えました。参考にしていただければと思います。行者塚古墳、クリックすれば直接飛べます。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村