遠景が美しい古墳
 九州の古墳というと朝鮮半島に近い北九州が中心ではないかと思われがちですが、既にこのブログでも紹介してきたように古墳時代前期最大の前方後円墳は宮崎市にほど近い生目古墳群(見学可能な3号墳はアップしています。生目3号墳をクリックしてください)に造られています。ついで中期最大の前方後円墳は国の特別史跡の西都原古墳群にある墳長176m男狭穂塚(帆立貝型)、女狭穂塚になります(西都原古墳群の数々についてはHP右の都府県別の宮崎県からお入りください)。古墳時代、現在の宮崎県、日向地域が九州の中でも突出してヤマト王権にとり重要であったかを示すものです。ところが生目古墳群から引き継いだ形の西都原古墳群では規模の大きな前方後円墳は男狭穂、女狭穂で途絶えてしまいます。また権力の移動があったのでしょうか。編年表(全国古墳編年集成、雄山閣出版社1995年)によれば、生目、西都原古墳群の近くを流れる一ツ瀬川流域では今回の松本塚古墳が墳長104mと突出した規模を誇っています。陪塚も伴っています。西都原古墳群の南2㎞ほどのところに位置しますが生目、西都原古墳群のように長い年月古墳が築かれ続けられたというわけではないようです。

 動画1にみるように周囲が田畑のために遠くから美しい墳丘を確認することができました。前方部の高さが後円部を上回っていることも遠目にもわかりますし、実際に墳丘を歩いてみると中期以降の前方後円墳の特徴である前方部の幅が後円部径を大きく上回っていることがよくわかりました。前方部にあるとされる造出しは見方が悪かったのか確認はできませんでした。説明板によれば墳丘の規格が大阪羽曳野市の古市古墳群の軽里大塚古墳(白鳥陵、クリックすれば飛べます)に相似しているとのことです。この点も政権との距離の近さを示すものかもしれません。倍近い規模の草木に覆われた白鳥陵は宮内庁管理のために墳丘に近づくことはできませんが、松本塚古墳からその姿を想像することができるとは思いもよりませんでした(アクセスは西都原古墳群を訪ねたあと宮崎市へ戻るバスの時間を利用してタクシーで訪問しました)(撮影2017323日)。

PNG matsumotozuka kofun zu

松本塚古墳基本データ

所在地 宮崎県西都市三納

形状 前方後円墳

規模 墳長104m、後円部径61m 高さ7.6m、前方部幅79m 高さ約8m 周溝あり

二段築成

出土品 円筒、朝顔形埴輪

築造時期 5C

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設は未調査


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村