抜塚から石室全体を想像
 畿内の古墳に詳しい方には笑われてしまいそうですが大阪府と奈良県の境に聳える生駒山系西側に残された群集墳の数々には驚かされるばかりです。今回の高安古墳群はじめ八尾市から東大阪市にかけて少なく見積もっても300基の横穴石室のある小型の円墳が造られているそうです。それもそのはず既に紹介した山畑古墳群(山畑22号と21号墳山畑2号墳)(クリックすれば飛べます)の動画にもあるように生駒山麓西側からは大阪平野を一望のもとに見渡すことができる古墳の立地としては申し分のない高台なのです。
 さて今回の俊徳丸鏡塚は歌舞伎の世界に詳しい方には馴染のある演目俊徳丸(説明板によれば当地が謡曲弱法師の故地とされた)の墓と伝えられたために今でも歌舞伎役者の訪問も多いそうです。どう考えても古墳時代とは無関係のような気がするのですが・・・。石室自体は動画1にあるように小ぶりでしかも造りも粗雑な印象です。いずれ紹介する高安古墳群の他の古墳と比べるとよくおわかりいただけると思います。もう一基は抜塚です。こちらは来迎寺境内の墓地でひときわ目立つ小山がありすぐにわかりますが、なんと羨道だけしか残されていません。長さは6.6m幅は2.2mとかなりなスケールです。それにしても使われている石の巨大には皆さんも驚かれるのではないでしょうか。墓地側に玄室があったとされ八尾市観光協会のパンフレットによれば長さ5-6m、幅3mほどではとみられています。全長では13-14mにもなると想像されます。アクセスは近鉄信貴線服部川駅から高安古墳群周回のモデルコースで最初に訪れる二基です。八尾市観光協会のHPに入り高安古墳群コースを参照してください(撮影2017222日と1113日)。


俊徳丸鏡塚と抜塚基本データ

所在地 愛知県豊田市

形状 円墳

規模 俊徳丸鏡塚 径16m 高さ3.8m

横穴石室 羨道2.9m 幅1.15m、玄室 長さ4.m 幅2.1m 高さ2.6m

抜塚 羨道のみ 長さ6.6m 幅2.2m

築造時期 6C

出土品 不明

史蹟指定 高安古墳群全体として国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村