韓国最大の古墳
 日本からの観光客も多い韓国の東南部の慶州市は全体が古墳公園といってもよいほど、あちらこちらに見られる大小の円墳が印象的です。中でも世界遺産大陵苑の一基、今回の皇南大塚古墳は韓国で最大の墳丘を誇り墳長は南北で114m(キャプションでは108mとしましたが資料によって微妙に異なります)、東西で82mもあります。といっても二つの円墳がつながった双円墳で一つの墳丘ではありません。動画1に見る奥の南墳が先に北墳があとに築かれたことが発掘調査でわかっています。日本に見る双円墳といえば雪をかぶった大阪府の金山古墳を紹介しましたが、是非比較してご覧ください。墳丘の径のわりに高さが高いので金山古墳よりも威圧感があります。

墳丘の内部は日本の古墳とは大きく異なるようで、積石木槨墳と呼ばれるものだそうです。考古学者森下章司さんは「古墳の古代史」(ちくま新書、2016)で、「棺のまわりを板で囲んで木槨を作という点では漢代の木槨と同じであるが、新羅の新羅の墳墓はその上に大量の石を積み、さらに土で覆ってある」と記しています。豊富な出土品が明らかになったのは、こうした構築方法のために盗掘を免れたからのようです。その様子は同じ方法で造られ内部が公開されている天馬塚古墳(動画2)でご覧になれます(一度目は撮影はNGでしたが二度目の訪問ではOKでした)。たしかにこれではなかなか埋葬施設の中心には辿りつけそうにもありません。金の冠など墳丘内部で公開されている出土品(レプリカ)も紹介しています。慶州にはソウルからも釜山からも日帰りのツアーが多数あり私もこれを利用しました(撮影日2016727日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村