備後で最初の横穴石室
 広島県福山市。JR福塩線駅家駅から北へ800mほどのところ岩屋寺のすぐ横に今回紹介する山の神古墳はありました。9月末ということもあって墳丘はまだ青々とした雑草に覆われていました。ここに古墳があるのかという感じです。説明板によれば地山削り出しの前方後円墳とも円墳とも考えられているようですが、専門家にもよくわからないといったところでしょうか。ただ、小山を登っていくと動画1のようなぽっかり口を開けた横穴石室が待っていて少々驚きでした。早速入ってみると天井高が1.2mと低いためでしょうか。立っては進めず、かといって匍匐前進するほどではないので、だいぶカメラが揺れてしまいました。

 その石室、少々、これまで見てきたものとは趣が違っていました。短い羨道(半分ほど損壊)の先の玄室は通常縦長ですが今回は奥行があまりなく正方形に近い印象です。奥行が幅の割に短く、天井の高さがとても高いからかもしれません(印象とはあやしいもので、実測値は奥行4.1m2.9mとやはり縦長でした)。動画2の後半に奥壁から羨道方向をみながら、カメラを天井方向に徐々に向けているシーンがあります。天井の高さ3.3mを実感できるはずです。この玄室、もう一つ印象に残ったのは持ち送りが横壁だけではなく奥壁にもみられ、しかも天井に近いところだけにみられる点です。正方形の箱の中に入ったような感じをもったのはそのためでしょうか。こうしたドーム型に近い石室は畿内、奈良県平群町の宮山塚古墳(いずれ紹介)が最も早い(5C末)といわれているようですが、福山市(備後)でもみられたのは驚きでした。そういえば大坊古墳のところでも触れましたが、石野博信編全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995)には、この地は畿内の政権と直結した地域文化が顕著との説明があったことを思い出しました。とはいえ宮山塚古墳よりはだいぶ遅れてのことです。

そもそもこの地に横穴石室がみられるようになったのは6C後半のようで、先頭を切ったのが山の神古墳でした。築造時期は奥壁が大きな一枚の板石(鏡石)ではなく石を数段積んでいる点からしても横穴石室が導入されて間もない段階のものであることがわかります。もっとも多くの石は平面加工されており秩序だった美しい積み方です。いつもながら古墳時代の工人の技術には感心するばかりです。なお、羨道の長さは動画キャプションでは現地説明板に基づき4.1mとしましたが2.25mとしているデータもあります。ずっと後に造られた大坊古墳と比較してご覧ください(クリックすれば飛べます)(撮影日2017925日)。


PNG yamanokamikofun ichikankei zu


山の神古墳基本データ

所在地 広島県福山市

形状 円墳(前方後円墳との見方もある)

規模 径12m 高さ4m 横穴石室 長さ6.4m(現存長)、玄室 長さ4.1m 幅2.9m 高さ3.3m、羨道長さ2.3m1.3m高さ1.3m

築造時期 6C

出土品 金銅製杏葉など馬具類、須恵器など土器片

史跡指定 県指定

特記事項 なし





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村