玄室の長さに驚かされる



 あとでわかりましたが小迫(こさこ)大塚古墳岡山県矢掛町は全国第四位の巨大石室、こうもり塚古墳のある総社市に隣接していました。といっても備中国分寺近くのなだらかな広がりとは異なり、矢掛町はかなり急峻な山間に囲まれています。同じ備中でもずいぶんと違う印象です。

 福山市の古墳をいくつか見たあと井原鉄道矢掛駅から徒歩で南に下り、小迫大塚古墳を訪ねる予定でしたが、今回は時間の関係でやむなくタクシーです。小田川を渡りひたすら4㎞ほど南下した矢崎神社近くに目指す古墳はあるというのですが見つけるのに苦労しました。一応、町指定の史跡ですから表示もあるのですが、動画1の冒頭にあるように民家横を抜けたあとは竹藪。9月下旬という季節も古墳踏査には微妙だったようで、開口しているはずの石室まで1m以上の草が生い茂り行く手を阻みます。ようやく見つけた古墳はどうやら二段築成ということがわかる程度でした。墳形がはっきりわかるという現地を訪れた方の話も聞いたばかりだったので拍子抜けでした。

 しかし良い意味で驚かされたのは石室です。一枚板の奥壁を二段積みの側壁が囲む(奥壁からみて左は一段)玄室は長さ6.5m2.4mもあります。高さは2.3mです。両袖形とはっきりわかる玄室の石積みの間には漆喰がところどころ残ります。本来4.2mある羨道がもう少し残っていればと思いましたが、サイズ的には、ずいぶん大きな印象を受けた広島県福山市の大坊古墳より一回り大きなことに驚かされました。冬季にまた訪ねたい古墳の一つです。付け加えれば総社市こうもり塚古墳の玄室は7.7m、幅は3.5m、高さも3.5mと本古墳よりずっと大きいです(撮影日2017926日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村